NEWS

トピックス

公開日:2014.11.07

トムソン・ロイター社「Highly Cited Researchers 2014」に応用力学研究所の竹村俊彦准教授が選出

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 トムソン・ロイター社が選出する「Highly Cited Researchers 2014」が発表され,地球科学(Geosciences)の分野で応用力学研究所の竹村俊彦准教授が選出されました。Highly Cited Researchers(高被引用論文著者)は,世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター社が,同社の論文動向分析データベースを用いた独自の分析により選出しているもので,今回は2002年から2012年の11年間に公表された論文・引用データから,各研究分野においてトップ1%の被引用数を持つインパクトの非常に高い論文を一定数以上発表している研究者が「世界で影響力を持つ科学者」として選ばれています。
 竹村准教授は,大気中の浮遊微粒子であるエアロゾル(※)の気候影響評価を主な研究テーマとして活発な研究活動を行うとともに,将来の気候変動予測や,自身のWebサイトにおけるエアロゾル週間予測の掲載など,積極的な情報発信を行っています。

 今回の選出を受け,平成26年10月31日(金),伊都キャンパスの椎木講堂において,若山正人理事・副学長(研究担当)から竹村准教授に対し,同社から交付されたHighly Cited Researchersの認定証であるOfficial Certificateが授与されました。
 若山理事・副学長は「九州大学を牽引する若手のリーダーとして,日本の学術研究の発展のために,益々の活躍を期待したい」と述べ,竹村准教授にお祝いの言葉を送りました。
 授与式後,トムソン・ロイター社の堀切アカデミックマーケットシニアセールスマネージャー,甲斐アカデミックマーケットシニアアカウントマネージャーから,引用分析から見た竹村准教授と本学の研究業績や学術研究の世界的な動きなどについて説明があり,竹村准教授の論文は,海外からの引用度が特に高く,世界が関心を寄せている表れであるとご紹介いただきました。

(※)エアロゾル(aerosol)…PM2.5をはじめとする,気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子。

【関連Webサイト】
竹村俊彦准教授Webサイト
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/toshi/indexj.html

【写真】
(上)Official Certificate授与式の様子
(下)Highly Cited Researchers 2014に選出された竹村准教授(左)と若山理事・副学長

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る