NEWS

トピックス

公開日:2018.10.16

九州大学石ヶ原古墳跡展望展示室を公開

トピックス

 平成30年10月16日(火)午前10時から、九州大学伊都キャンパス、イースト1号館9階の石ヶ原古墳跡展望展示室を公開します。
 石ヶ原古墳は、6世紀中葉に築造され、6世紀後半まで追葬された前方後円墳(全長49m、後円部径25m、前方部長27m)で、標高約70mの位置にありました。
 本学では、学内の遺跡群を地域の重要な歴史的環境資源として位置づけ、保存・活用を図りながら、歴史的環境と共生するキャンパスを形成することとしています。この趣旨から、石ヶ原古墳については古墳があった位置に、石ヶ原古墳跡展望展示室が設置されました。
 同室内では、石ヶ原古墳に関する展示の他、伊都キャンパスおよびその周辺の遺跡の紹介をしています。また、本学のセンターおよびウエストゾーンだけでなく、博多湾や福岡タワーを一望することもできます。
 なお、石ヶ原古墳横穴式石室の玄室・羨道の基底部石材をイースト1号館前ロータリー内に設置、展示しています。
 今後の公開予定は、以下のとおりです。 

公開開始日:平成30年10月16日(火)
公開日程:毎週火曜および木曜(平日のみ)、午前10時~午後4時
団体の見学については、「Big Orange(ビッグオレンジ)-九州大学情報発信拠点-」のホームページからお申し込みください。
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/university/facility/bigorange/menu

石ヶ原古墳跡展望展示室内 

石ヶ原古墳の墳丘断面剥ぎ取りの展示

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る