NEWS

トピックス

公開日:2018.11.12

本学の教授に「京セラ教授」の称号を付与

トピックス

 この度、九州大学稲盛フロンティア研究センター冠教授制度を制定し、平成30年10月31日(水)、椎木講堂特別応接室において、稲盛フロンティア研究センター(浅野種正センター長)の2人の教授に対して「京セラ教授」の称号授与式を執り行いました。
 この制度は、公益財団法人稲盛財団および京セラ株式会社(以下「京セラ株式会社等」)から、本学の高度な研究活動の推奨、並びに活性化への多大なる支援、寄附等に対し敬意・感謝を表するため、稲盛フロンティア研究センターの教授を対象として、京セラ株式会社等の名称を冠した教授の称号を付与するものです。
 今回の対象者は、束田 裕一教授安田 琢麿教授で、授与式では京セラ株式会社 代表取締役会長 山口悟郎様、執行役員上席研究開発本部長 稲垣正祥様にもご出席いただき、久保総長から2人へ授与証が交付されました。
 授与式終了後、山口会長、稲垣研究開発本部長には稲盛フロンティア研究センター、水素エネルギー国際研究センター(佐々木一成センター長)および最先端有機光エレクトロニクス研究センター(安達千波矢センター長)等の施設をご見学いただきました。
 「稲盛フロンティア研究センター」は、九州大学創立百周年に当たり、京セラ株式会社等から多大の御支援を得て、平成20年(2008年)4月、伊都キャンパスに設立されたものです。
 人類が安心して快適に生活するために必要となる理想の科学技術について、時代に先駆けて研究提案できるようなフィールドを提供し、人に優しい科学技術を確立することを目指すとともに、センターにおける研究活動を通じて、将来の科学技術を担う人材を育成することを目的としています。
設立からこれまでの間、200件を超える招待講演に代表される研究成果の発信、文部科学大臣表彰若手科学者賞や学会賞など多数の受賞、大型の研究助成獲得数や民間企業との共同研究実施数の実績は、センターの研究活動が高水準にあり、卓越したものであることを示すものです。

左から:若山理事、稲垣様、山口様、束田京セラ教授、安田京セラ教授、久保総長、井上理事、浅野センター長

関連トピックス

平成29年12月1日 「稲盛フロンティア研究センター10年記念ワークショップ」を開催
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1287

平成29年6月6日 久保総長が稲盛名誉会長を訪問
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1212

お問い合わせ

研究・産学官連携推進部研究推進課プロジェクト支援係
電話:092-802-2322
Mail:kesprosien★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る