NEWS

トピックス

公開日:2018.11.22

新海征治特別主幹教授の文化功労者顕彰式の報告

トピックス

 本学高等研究院の新海征治特別主幹教授が平成三十年度文化功労者に選ばれ、平成30年11月13日(火)、久保総長への文化功労者顕彰式の報告が椎木講堂特別応接室で執り行われました。
 文化功労者の制度は我が国の文化の発展に関し特に功績顕著な方々を顕彰するものであり、新海特別主幹教授は世界中で活発に研究が行われている「ナノテクノロジー」、「分子機械」の原点となる顕著な業績により今回の選出となりました。
 当日、新海特別主幹教授は永岡文部科学副大臣から授与された顕彰状を持参され、11月5日(月)の顕彰式の様子についてお話されました。
 久保総長が「九州大学としても名誉なこと」としてお祝いの言葉をかけられると、新海特別主幹教授は顕彰式後の懇親会で皇族の方から「分子機械」について質問を受けたときの様子などを久保総長に報告されました。
 現在は医学と化学が近くなり、化学の研究が医学に役に立つ事が増えてきている事など話題は尽きませんでしたが、和やかに歓談され、報告は終了しました。

※分子機械:機械的動作をする分子の集合体

顕彰式の様子(平成30年11月5日/撮影:文部科学省)

久保総長との記念撮影

報告の様子

歓談中の新海特別主幹教授

お問い合わせ

研究・産学官連携推進部 研究企画課 研究支援係
電話:092-802-2323
Mail:kekkesien★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る