NEWS

トピックス

公開日:2018.12.19

本学鉄道研究同好会にJR西日本福岡支社より感謝状を贈呈

トピックス

 平成30年12月3日(月)、本学鉄道研究同好会は、西日本旅客鉄道株式会社福岡支社鉄道本部新幹線鉄道事業本部より、10月21日(日)に那珂川市で開催された博多総合車両所の一般公開イベントである「2018年度新幹線ふれあいデー」において、鉄道模型によるジオラマの制作・展示を行ったことにより、感謝状の贈呈を受けました。同支社総務企画課の松尾勝則氏他2人の職員が来学され、伊都キャンパスイーストゾーンの会議室にて同社支社長よりの感謝状の贈呈式が行われました。本学鉄道研究同好会からは、部長の工学部地球環境工学科2年生井手大洋さんを含む7人の部員と、顧問教員の大学院言語文化研究院鈴木右文教授が出席しました。
 イベントでは、JR西日本博多総合車両所の食堂のステージ前に、鉄道模型の展示スペースを設けていただき、そこで鉄道模型の展示を行いましたが、当日はたくさんのお客さまに展示を見ていただけて良かったと、部員一同喜んでいます。「新幹線ふれあいデー」への協力は、過去3年にわたって行われており、来年もぜひ御協力をとのお言葉をいただきました。

感謝状贈呈式

JR西日本松尾氏(左から4番目)と7人の部員と鈴木教授(右)

 本学鉄道研究同好会は現在、学部1年生6人、2年生4人、3年生10人、4年生1人、修士課程2人および博士後期課程1人の計24人により活動を行っており、定例の会合の他、九大祭での出展、機関誌の発行、見学旅行の実施等により、見聞を深めています。平成23年10月7日~12月11日には、北九州市いのちのたび博物館での特別展『大連・モダンの風景』同時開催の「鉄道展~あじあ号から新幹線へ~」で顧問教員の監修のもと、模型レイアウトといくつかの車両の展示を行うなど、社会貢献もひとつの大きな柱となっています。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る