NEWS

トピックス

公開日:2019.06.14

本学と株式会社東洋新薬が組織対応型連携契約を締結

トピックス

 令和元年6月12日(水)、本学伊都キャンパス内において、株式会社東洋新薬との組織対応型連携契約締結にかかる記念式典を執り行い、株式会社東洋新薬からは服部利光代表取締役社長、本学からは若山正人理事・副学長が参加しました。
 健康食品・化粧品の総合受託メーカーである東洋新薬は、近年の顧客のニーズの多様化に対応すべくODM(Original Design Manufacturing)とOEM(Original Equipment Manufacturing)の両輪による“ODEM (オデム)”という新たなビジネスモデルを構築し、単なる受託製造だけでなく、顧客の事業全般にわたるコンサルティングや商品企画から商品設計、処方開発、製造、販売促進支援までトータルサポートを行っています。総合大学である本学は多彩な特色ある最先端の研究領域を備え、企業の様々な研究開発ニーズに対応可能な基礎研究力を有しています。これらの東洋新薬と本学の強みを融合し、組織対応型連携契約を締結することで、特定の技術に限定することなく、健康食品や化粧品の商品開発プロセスにおける要素・技術を網羅的に探索し、分野横断的な共同研究を組成することが期待できます。
 本連携では、①原料開発、②製剤技術開発、③容器包装設計、の3分野における共同研究を実施します。創出された研究成果については知財権利化および学会・論文発表を積極的に行うとともに、東洋新薬の強みであるODEMのスキームやビジネスネットワークを活用した実用化を目指します。

■株式会社東洋新薬の概要
【所在地】〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-27九勧博多駅前ビル
【設立】1997年9月18日
【資本金】5,000万円
【事業内容】・健康食品、機能性表示食品、特定保健用食品の受託製造、販売および素材の研究、開発・医薬品、化粧品、
      医薬部外品の受託製造、販売および原料、素材の研究、開発
【U R L】 http://www.toyoshinyaku.co.jp/

署名を行った若山正人理事・副学長(左)と東洋新薬代表取締役社長の服部利光氏(右)

お問い合わせ

学術研究・産学官連携本部 産学官連携推進グループ
Mail:alliance★airimaq.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る