NEWS

トピックス

公開日:2015.12.03

第63回工学教育研究講演会にて本学のキャンパスアジアプログラムを紹介した論文が優秀発表論文を受賞

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成27年9月2日(水)から4日(金)に亘り、伊都キャンパスにて「第63回工学教育研究講演会」が開催され、国際セッション部門で本学のキャンパスアジアプログラムを紹介した論文が優秀発表論文「International Session Award」を受賞しました。
 本講演会は、公益社団法人日本工学教育協会主催による第63回年次大会となるもので、「イノベーションを牽引する工学教育の国際化」をテーマに、多数のプレゼンテーションが行われ、延べ500人が参加しました。本学からは、総合理工学研究院の田邉哲朗特任教授・プログラム国際コーディネーターが代表してプレゼンテーションを行い、プログラム内容や活動実績を紹介し、多数の参加者から、ダブルディグリープログラムについて、活発な質疑が寄せられました。
 海外への発信力推進を目的に設けられた国際セッション部門では、本プログラムの活動内容、発表論文の内容が高く評価され、受賞につながったものです。
 本プログラムでは、この受賞を弾みとして今後の活動に邁進し、グローバルに活躍できる理工系の人材育成に努めていきます。


【参考Webサイト】
エネルギー環境理工学グローバル人材育成のための大学院協働教育プログラム
(キャンパスアジアプログラム)
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/campus-asia/

International Session Award
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/campus-asia/news/index.html#174

Proceedings
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/campus-asia/news/Proceeding(Print).pdf


写真

田邉特任教授によるプレゼンテーションの様子

お問い合わせ

国際部国際企画課国際交流係
E-mail:intlkkoryu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る