NEWS

トピックス

公開日:2013.11.29

農学部附属農場で収穫祭を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

  平成25年11月14日(木),糟屋郡粕屋町の農学部附属農場において毎年恒例の収穫祭を開催しました。収穫祭は,その年の収穫を祝うとともに,日頃から本学の教育,研究へのご理解,ご支援をいただいている地域の皆様に感謝の意を表すために開催しているもので,本年は,粕屋町の因清範町長をはじめとした地元関係者,移転先である伊都キャンパスの地元糸島市の関係者と,有川総長をはじめとした本学教職員,学生合わせて約80名が参加しました。
 開催にあたり,吉村 淳 農場長が「農場では伊都キャンパスへの移転に向けて様々なデザインを考えている。大学と農場が隣接するためさらに発展しなければならない。」と述べた後、「今年は暑かったが農作物への影響は比較的少なかった。今年も1年の収穫に感謝し、皆様と喜びを分かち合いたい。」と語りました。
 収穫祭では,各研究室の研究内容や研究成果がパネルで展示され,「ICT技術を活用した放牧管理システムの研究開発」や「九州産ハマタマボウキを活用した耐病性アスパラガスの育成」など9件について農場教職員,大学院生から説明があり,来場者は興味深げに耳を傾けていました。また,農場の各研究室で生産された米,野菜,鉢花,果物,ハム・ソーセージなどの農産物・畜産加工品が展示され,新しく開発され市場出荷が始まったブドウ新品種「BKシードレス」をはじめとして,大分県久住町の高原農業実験実習場で生育した牛を使った「QBeef」,糸島産エコフィード豚のボンレスハムについても紹介されました.
 収穫祭に相応しく,農場産の食材をふんだんに使い,農場職員らが調理した料理が交流会場のテーブルに並べられ,参加者は各々,旬の味覚に舌鼓を打ちつつ今年の収穫に感謝しながら,交流を深めました。


【写真】
(上)今秋販売開始の新品種種なしブドウ「BKシードレス」
(中)パネル展示の様子
(下)農場産の食材をふんだんに使った料理

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る