NEWS

トピックス

公開日:2013.04.22

「有機光エレクトロニクス実用化開発センター」が開所

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成25年4月19日(金),有機光エレクトロニクス実用化開発センター(愛称:i3-OPERA(アイキューブ オペラ),センター長:安達千波矢 本学最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)センター長/工学研究院 主幹教授)の開所式が伊都キャンパスに隣接する同センターで挙行されました。

 同センターは,福岡県が,今後大きな成長が見込まれる有機光エレクトロニクス分野の産業化を推進し,産学官連携による実用化研究を通じて,産業界への技術の橋渡し拠点となる施設として開設したもので,クリーンルーム,成膜試作室,パネル特性評価室等を備えた鉄筋コンクリート2階建て,延べ床面積約1,800㎡の施設です(運営主体:財団法人福岡県産業・科学技術振興財団(理事長:小川洋福岡県知事))。

 開所式には,小川知事,安達センター長の他,経済産業省の安永裕幸大臣官房審議官,髙島宗一郎福岡市長,有川節夫本学総長ら多くの関係者が出席し,同センターの開所を盛大に祝福しました。

 

【写真】

(上)i3-OPERAの外観

(中)テープカットの様子

(下)挨拶する安達センター長

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る