NEWS

トピックス

公開日:2012.12.27

『九州大学百年史』編集事業協賛特別講演会を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成24年12月5日(水),箱崎文系キャンパス講義棟内において,文学部および大学文書館の共催による特別講演会を開催しました。この講演会は,本学の文系諸部局のもととなる法文学部の創設期について認識をあらたにするとともに,大学改革が進む今日,改めて組織の歴史を振り返ることの意味と,そのための具体的な活動に関して学内外の方々と認識を共有するために企画したものです。また,現在編集が進んでいる『九州大学百年史』編集事業,文学部独自の取組である文学部部局史編集についても紹介をしました。
 プログラムは,まず大学文書館の折田悦郎教授の「九州帝国大学の創設と展開」と題する講演にはじまり,後半では,全学レベルの動きについて,大学文書館の藤岡健太郎准教授が,さらに全国でも珍しい部局単位の文学部歴史編纂室において部局史編集に携わっている人文科学研究院の佐伯弘次教授が,それぞれ報告を行いました。
 当日は,学内外から80名におよぶ参会者を得ましたが,全学にわたる教職員や学生はもとより,卒業生や元教職員の方々も多数出席されました。また,講演会にあわせて,旧工学部本館1階において九州大学百年史関連展示を開催しました。多数の写真や六本松地区模型を展示しましたが,こちらも多くの方々が懐かしい写真や展示物に見入り,好評裡に幕を閉じました。

 

【写真】
(上)大学文書館 折田教授による講演
(下)人文科学研究院 佐伯教授による報告

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る