NEWS

トピックス

公開日:2011.12.22

第2回OPERAクリスマス・サイエンス・レクチャーを開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
 平成23年12月17日(土),伊都キャンパスの最先端有機光エレクトロニクス研究棟において,第2回目となる市民科学講座「OPERAクリスマス・サイエンス・レクチャー」を開催しました。
 この講座は,総合科学技術会議により制度設計された最先端研究開発支援プログラムのアウトリーチ活動として,中高生を中心とした市民の皆様に,化学への関心,理解を深めるとともに,未来を担う子供たち・若者が化学への興味,研究者への憧れ,未来への希望を抱かせる「科学のまちづくり」に貢献することを目的に開催しているものです。
 第2回目となる今回は,中高生を中心とした40名の参加者を募り定員一杯の中,安達千波矢センター長による有機ELに関する講義に始まり,工学府の紹介や現役学生による大学生活の実態が披露されました。
 休憩時には,OPERAメンバーからのピアノ伴奏によるオペラのプレゼントや研究棟1階の「OPERA童夢カフェ」においてカップケーキと飲み物が振る舞われました。
 休憩後,研究棟のラボツアーを行い研究現場の実際を見ていただきました。
 本講座の最後には,OPERA安田琢磨准教授の指導のもと,血痕捜査に使われるルミノールの化学発光実験と液晶ディスプレイの製作を体験し,半日にわたる市民科学講座が締めくくられました。
 OPERAでは,毎年1回,クリスマスシーズンに同講座を開催し,最先端の研究現場からのメッセージとして「科学のクリスマスプレゼント」をお届けしながら,科学の交流の場として大切に育てていきたいと考えております。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る