NEWS

トピックス

公開日:2011.12.16

農学部附属農場で平成23年度収穫祭を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

  平成23年12月8日(木),福岡県糟屋郡粕屋町原町の農学部附属農場において毎年恒例の収穫祭が開催されました。
 農学部附属農場の収穫祭は,その年の収穫を祝うとともに,日頃から本学の教育,研究へのご理解,ご支援をいただいている地域の皆様に感謝の意を表すために開催しているもので,本年は,因清範粕屋町町長をはじめとした地元粕屋町の関係者,伊都キャンパスの地元である糸島市の関係者と,有川総長,理事をはじめとした九大関係者の合わせて約80名が参加しました。
 開催にあたり,大久保 敬 農場長が「東日本大震災で食について改めて考えさせられた中で,農場は単に技術習得だけではなく,食料教育で学生の意識を高め,地域貢献,国際貢献できる人材を育成する場として発展していきたい。」と抱負を述べた後,「今日この1年の収穫に感謝しつつ,皆さまと喜びを共有したい」と語りました。
 収穫祭では,各研究室の研究内容や研究成果がパネルで展示され,来場者は農場職員等の説明に興味深げに耳を傾けていました。また,農場の各研究室から収穫祭に相応しく,米や野菜,ハム・ソーセージなどの畜産加工品に加えて,農場職員らが調理した料理が交流会場のテーブルに並べられました。
 他にも,農場の乳牛から搾られたミルクを利用したソフトクリームや,大分県久住町の高原農業実験実習場で生育した牛を使ったQビーフ,今年発表して大きな注目を集めた新品種のぶどう「BKシードレス」の加工品も提供され,参加者は各々,旬の味覚に舌鼓をうちつつ,今年の収穫に感謝していました。

 

【写真】
(上)パネル展示の様子
(中)テーブルに並べられた農場の生産物を使った料理

(下)参加した留学生と懇談する有川総長

 

 (広報室)
 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る