NEWS

トピックス

公開日:2011.12.09

第7回 北大・九大合同活動報告会を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成23年12月6日(火),都内の都市センターホテルにおいて,「北海道大学・九州大学合同活動報告会」を開催しました。この報告会は,日本の北と南に位置し,先端的な教育研究活動を展開している両大学の姿を広く社会にご理解いただくことを目的として開催しているものです。
  第7回目となる今回は,本年3月11日に発生した東日本大震災による自然災害,原子力発電所の事故を受け,「自然エネルギーの今後」というテーマのもと,両大学における自然エネルギーの研究について報告を行いました。
 会は,両大学の総長の挨拶に始まり,文部科学省の倉持隆雄研究振興局長の挨拶,両大学理事による研究活動を中心とした近年の取組についての報告が行われました。 続いて,両大学から自然エネルギーの今後について政策的側面、技術的側面のそれぞれから研究発表が行われ,本学からは経済学研究院 堀井伸浩准教授と工学研究院の江原幸雄教授が講演を行いました。会の最後には,吉田文和北海道大学教授をコーディネーター,近久武美北海道大学教授,本学の江原教授,堀井准教授をパネリストとしたパネルディスカッション(テーマ「再生可能エネルギーの展望」)が行われ,フロアーからの質疑応答も交え活発な議論がなされました。また,会場後方には,両大学の自然エネルギー研究を紹介したパネルが展示されました。  
 今回の合同活動報告会は,国内11大学から成るコンソーシアム「学術研究懇談会(RU11)」の後援を受け,震災に関するシンポジウムとして注目を集め,150名を超える参加者がありました。


  報告会のプログラムはこちらをご覧ください。
 
【写真】
(上)講演を行う江原教授
(中)パネルディスカッションの様子
(下)会場後方にて行われたパネル展示の様子

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る