NEWS

トピックス

公開日:2011.11.21

薬用植物の総合研究プロジェクトが進行中

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 九州大学と佐賀県玄海町は,平成20年度に薬用植物の栽培などに関する共同研究を開始しました。この研究は,砂漠地に自生し,漢方薬に使われる甘草(かんぞう)などの薬用植物の高品質栽培法などに取り組み,町の新たな産業に育てることを目的としており,町民の方々の交流や情報発信の場となる薬草ガーデンの創成も目指しています。


 平成23年11月12日(土),玄海町の町民会館において,3回目となるこの研究プロジェクトの報告会が開催され,町民の皆様を中心に約300名が参加しました。報告会は,岸本英雄玄海町長の開会挨拶で始まり,続いて研究プロジェクトの関係者が,プロジェクトの概要や昨年度の取り組み,将来の展望などについて報告を行い,町民の皆様と意見交換を行いました。


 本学からは,安福規之教授(工学研究院),大嶺 聖准教授(工学研究院),田中宏幸准教授(薬学研究院),正山征洋特任教授(長崎国際大学薬学部教授)が研究発表を行い,落合英俊理事・副学長が閉会の挨拶を行って報告会を締めくくりました。

 

【写真】

(上)安福教授の講演
(中)大嶺准教授の講演
(下)参加者との意見交換

 

(広報室)

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る