NEWS

トピックス

公開日:2011.11.15

「人体・病理ミュージアム」を一般公開

トピックス

Image
Image
Image
 平成23年11月11日(金)12日(土)の2日間,医学部内の「人体・病理ミュージアム」が一般公開されました。
 人体・病理ミュージアムは,基礎医学と臨床医学の架け橋となる「病理学」が果たしてきた役割や,命の尊さを多くの方々に理解していただくために設置されたもので,医学部病理学教室(明治37年発足)が100年以上かけて収集した約1,300点の肉眼標本の中から,厳選された160点が展示されています。昨年の完成以来,オープンキャンパスと,秋の一般公開で大きな注目を集めています。
 昨年に引き続き2回目の開催となった今回の一般公開では,国内で数体しか保存が確認されていないキュンストレーキ(紙製人体模型)や,皮膚科製作のムラージュ(皮膚疾患を蝋模型にしたもの)など,教室の枠を超えた様々な医学史的遺産や,骨董的価値のある顕微鏡,九州大学病院および病理学教室史を説明した大型写真パネルといった,歴史を感じさせる資料が展示されたほか,視聴覚エリアでは,実際の現代医療の現場で病理学がどのような役割を果たしているかを紹介する映像が上映されました。
  会場では,病理学関係者がスタッフとして展示品について解説しましたが,保存に優れた展示品に驚くとともに,そこから感じた疑問についてスタッフと質疑応答する来場者の姿が見られました。
 今後,人体病理ミュージアムでは,学内外へ向けて展示の機会を増やして,病気への理解や医学の進歩についての情報発信をしていく予定です。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る