NEWS

トピックス

公開日:2011.11.15

世界トップレベルの最先端の研究を紹介

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成23年11月12日(土),福岡市内で,文部科学省の「世界トップレベル研究拠点プログラム(World Premier International Research Center Initiative:WPI )」に採択されて世界最先端の研究を行っている国内の6拠点による合同シンポジウムが開催されました。
 6拠点が合同でシンポジウムを開催するのはこれが初めてであり,シンポジウムは本学のカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(International Institute for Carbon-Neutral Energy Research:I2CNER)が主催しました。
 「最先端の科学と君たちの未来」と題した今回のシンポジウムには,福岡県内を中心にこれからの未来を担う高校生・中学生など623名が参加しました。各拠点を代表した講演者からは,最先端の研究について,時折ユーモアを混じえながら丁寧な解説があり,科学が切り拓く未来を感じさせる話も数多くありました。
 また,参加した高校生12名と6拠点の講演者とのパネルディスカッションも行われ,環境ジャーナリストの枝廣淳子氏のコーディネイトにより,「環境と科学技術の関係はどうあるべきか」,「科学者になってよかったと思うことは」などについて活発な質疑応答がありました。
 また,会場には6拠点の研究を紹介するブースも設けられ,高校生を中心とする多くの参加者が足をとめ,各拠点の関係者と交流するなど「最先端の科学」に触れる秋の一日を満喫する様子が見られました。
 

【各拠点の講演者と講演題目】
○WPIプログラムディレクター/日本学術振興会学術システム研究センター副所長
黒木登志夫
「世界トップレベル研究拠点とは何か」
○九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)所長
ペトロス ソフロニス Petros Sofronis
「水素エネルギーを利用した低炭素社会の実現をめざして」

○九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)主任研究者・教授
 小江誠司
 「水素からのエネルギー:生物に学ぶエネルギーの作り方」

○東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)副機構長
 小谷元子
 「夢に形を与える」

○東京大学国際高等研究所数物連携宇宙研究機構(IPMU)機構長
 村山 斉
 「宇宙の暗黒面」

○京都大学物質―細胞統合システム拠点(iCeMS)拠点長
 中辻憲夫
 「多能性幹細胞(ES/iPS細胞)の大きな能力と限りない可能性」

○大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)主任研究者・准教授
 鈴木一博
 「ライブで見る免疫」

○物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)主任研究者
 長谷川 剛
 「逆転の発想でつくる新しいコンピュータ」

.

【写真】

(上)多くの中高生で満席となった会場

(中)パネルディスカッションの様子

(下)多くの参加者がつめかけた各拠点の展示ブース

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る