NEWS

トピックス

公開日:2009.07.24

伊都キャンパスフォーラムを開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
 平成21年7月19日(日),伊都キャンパスにおいて,九州大学伊都キャンパスフォーラム「これからの知的拠点デザイン」を開催しました。このフォーラムは,伊都キャンパス周辺の整備が進む中,地域や大学にとっての知的拠点をつくるためのデザインについて,様々な立場の方々から講演をいただくもので,本学の全学教育科目「伊都キャンパスを科学するⅠ」の特別講義も兼ねています。
 フォーラムでは,有川総長,吉田宏福岡市長,書家の柿沼康二さんによる記念講演が行われました。柿沼さんは,伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルで世界的に高い評価を得ている書家/アーティストあり,伊都キャンパス・センターゾンーン銘板の「九州大学」の題字を揮毛された方です。今回のフォーラムで,柿沼さんは「字書きの泡と九州大学」と題して,銘板の揮毛に至った経緯や書の世界について興味深い講演を行いました。柿沼さんにとっては今回が初めての伊都キャンパス訪問でしたが,「これ以上ないくらいの気合いで書き上げた「九州大学」の文字が自分の命よりも長く残ることは光栄です」とのコメントもいただきました。
 記念講演の後は学内外の講師による講演と意見交換が行われ,学生を含めて学内外から約250名が参加した満席の会場は熱気に包まれました。

 

【写真】

(上)講演する柿沼さん。

(中)柿沼さんが揮毛した「九州大学」の題字。

(下)伊都キャンパス・センターゾーンの銘板。

 

【広報室】

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る