NEWS

トピックス

公開日:2007.12.17

百周年事業シンボルマーク決定!

トピックス

Image
Image

 九州大学は、明治44(1911)年、20世紀の日本を担う拠点大学として設立され、平成23(2011)年に百周年を迎えます。「知の新世紀を拓く」のスローガンのもと、各種の百周年記念事業を進めています。この記念事業を象徴するシンボルマークを別紙のとおり決定しました。今後、百周年記念事業として展開される様々な媒体やイベント等において使用していきます。

 

■シンボルマークのコンセプト

九州大学百周年のスローガンである「知の新世紀を拓く」をテーマに、未来への無限大の可能性とダイナミズムが表現されています。

 

■モチーフは「知恵の輪」

「知」の象徴としての知恵の輪は、非常に長い歴史を持ち、あらゆる地域、文化圏のなかで独自の発達を遂げ、子どもから大人まで幅広く親しまれてきたものです。百周年シンボルマークは、知恵の輪を構成するパーツが「100」を連想させる形に並び、さまざまな角度から見た三次元のバリエーションを生み出します。絡み合った輪が象徴する困難な課題を解決に導く多様な知性が、動的な知恵の輪の造形に込められています。

空間の中にさまざまな角度で現れるメタリックな2つの輪は「∞(無限大)」の可能性をイメージさせ、中央の九州大学カラーの輪は、変化する多様な「知」の可能性をつなぎ、新たな知を生み出す媒介者としての役割を象徴しています。

 

■バリエーションの使用

シンボルマークを一種類に固定するのではなく、色々な角度から見た三次元の知恵の輪をサブタイプとしてバリエーション展開できることが特徴です。こうして多面的な視点、多様な知性、そして躍動するダイナミックな大学の姿を表現します。

 

■作成者
マークのデザインは、本学芸術工学府の大学院生が中心となって制作しました。デザインを学ぶ学生の積極的な参加が、このプロジェクトの特徴となっています。
【百周年記念事業シンボルマークのコンセプト/デザイン担当】
九州大学UIプロジェクトチーム池田美奈子芸術工学研究院准教授伊原久裕芸術工学研究院准教授、後藤萌(芸術工学府修士1年)、元松翠(芸術工学府修士1年)

 

■シンボルマークの詳細、展開事例はこちら[pdf]

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る