九州大学について

About

大学の取組

省エネルギー・温室効果ガス抑制の取組

省エネポスター

 平成28年5月から6月にかけて,学内で平成28年度の省エネポスターを公募し、審議を経て以下のポスターが採用となりました。

 デザイナーは「芸術工学府 芸術工学専攻 崔永洵(チェヨンスン)」さんです。 省エネルギー活動の推進のため、各所に掲示いただき、ご活用ください。

 なお、今回の公募にて18名の方から22の案をいただいております。ご応募いただいたのは以下の方々です。多数のご応募ありがとうございました。(以下、順不同、敬称略)

  • 工学部 建築学科 吉本瑛里子
  • 芸術工学部 画像設計学科 卜部木乃実
  • 芸術工学部 画像設計学科 大神綾乃
  • 芸術工学部 画像設計学科 本田悠二
  • 人間環境学府 空間システム専攻 青柳光
  • 芸術工学府 芸術工学専攻 須藤史貴
  • 芸術工学府 芸術工学専攻 高田良平
  • 芸術工学府 芸術工学専攻 崔永洵
  • 芸術工学府 芸術工学専攻 徳永唯香
  • 芸術工学府 芸術工学専攻 箱島崇史
  • 芸術工学府 芸術工学専攻 劉小宇
  • 生物資源環境科学府 生命機能科学専攻 岡田智沙
  • 研究推進部 レドックスナビ研究拠点特別支援室 庶務係 篠山雅弥
  • 国際部 国際企画課 SHAREオフィス支援室 鹿久保千枝
  • 学務部 決断科学大学院プログラム支援室 船本早紀
  • 伊都共通事務部 総務・大型研究支援課 総務・人事係 水江朱里
  • 施設部 施設企画課 企画係 山田賢二
  • 施設部 施設管理課 施設活用係 林祐介

 

省エネルギーの取組

1.背景

 政府の「省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議」にて、夏季における省エネルギー対策を要請することを決定し、これを受け文部科学省より、同内容の要請がありました。
 また、本学は「九州大学における省エネルギーに関する規程」及び「九州大学のサスティナブルキャンパスに向けた省エネルギー対策の推進」に基づき、トップマネジメントによる全学体制で、地球環境に配慮した持続可能なサスティナブルキャンパスに向けて取り組んでいます。

2.実施内容

  1. 夏季の省エネルギーの取組について
  2. 九州大学のサスティナブルキャンパスに向けた省エネルギー対策の推進[学内限定]
  3. 省エネパンフレット[学内限定]
  4. 冷暖房運転について
     省エネ対策の推進として、本年度においても下記のとおり冷暖房運転を行ってください。
     教職員、学生等の健康・安全に配慮いただくとともに、省エネルギーの推進に向け、外気の状況に応じたエアコンの利用(窓や扉を開けた自然換気)や、温湿度計を用いた過剰冷房・暖房とならない運転管理(設定温度は室温の±2℃、湿度40~70%を目安)の徹底並びに周知をお願いします。
     ※病院等の患者サービス部門及び空調運転が不可欠な実験室・計算機サーバー室等並びに気温、湿度等により執務環境が悪化した場合は対象外です。
    • 冷房運転の目安期間:7月~9月(室温28℃を目安に設定)
    • 暖房運転の目安期間:12月~3月(室温19℃を目安に設定)

3.その他

 学内施設に集まって暑さをしのぎ、学内の研究教育施設や一般市民の家庭等 の電力消費量を抑える取り組みとして、節電期間中は図書館・情報学習室等の施 設を学内者向けクールシェアスポットに指定します。また、食堂施設を学内者向 け及び一般市民向けクールシェアスポットとして開放する予定です。

  • クールシェアスポットについてはこちら[学内限定]

温室効果ガス抑制の取組

  1. ESCO事業の導入
     九州大学では、平成27年12月に「九州大学におけるエネルギー関する規程(*1)」を定め、エネルギーの使用合理化及び地球温暖化防止対策の推進に取組んでいます。平成28年度からの省エネ第2ステージに向けて、取組み体制を「キャンパス計画及び施設管理委員会」が主導する全学体制に変更し、「九州大学のサスティナブルキャンパスに向けた省エネルギー対策の推進」を策定しました。その中で、第2ステージにおける目標及び行動計画を策定しており、地球環境に配慮した持続可能なサスティナブルキャンパスに向けた省エネルギー対策を推進しています。
    (削減目標 : エネルギー消費原単位で前年度比-1%以上 )

     本学では、更なる省エネルギーの推進、環境負荷の低減及び光熱水費の効果的な削減を図るため、ESCO事業者の提案による省エネルギー改修を検討することとし、病院の空調用冷凍機設備の高効率化への更新により、馬出地区の年間一次エネルギー削減率8%以上及びCO2排出量を5,500(t-CO2/年)を削減させる目標としています。

  • 事業スケジュール
    ESCO事業募集公告      平成28年12月19日
    ESCO事業優先交渉権者の選定 平成29年3月10日
    ESCO契約の締結       平成29年9月(予定)
    ESCOサービス開始      平成30年4月1日(予定)

(*1)九州大学におけるエネルギー関する規程
   https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/university/information/rule/rulebook/pdf/304/1/2015kitei050.pdf

最終更新日:2017年6月26日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る