九州大学について

About

公表事項

役員及び教職員への兼業依頼

九州大学役員への兼業依頼について

 九州大学の役員(総長、理事及び監事(非常勤を除く)を指す。以下「役員」という。)は、兼業のため職務の遂行に支障が生じないこと、職務の公正性及び信頼性の確保に支障が生じないこと、兼業することにより、役員としての信用を傷つけ、又は大学全体の不名誉となるおそれがないこと等の基準に適合し、あらかじめ総長の承認を得た場合でなければ兼業に従事することはできません。

 役員への兼業依頼につきましては、下記の方法により兼業の依頼を行っていただきますようお願いいたします。

本学役員への兼業の依頼方法等について

九州大学教職員への兼業依頼について

 九州大学の教職員(常勤の教職員を指す。以下「教職員」という。)は、「国立大学法人九州大学職員兼業規程」により、兼業のため職務の遂行に支障が生じないこと、職務の公正性及び信頼性の確保に支障が生じないこと、兼業することにより、大学職員としての信用を傷つけ、又は大学全体の不名誉となるおそれがないこと等の基準に適合し、大学の許可を得た場合でなければ兼業に従事することはできません。

 教職員への兼業依頼につきましては、下記の方法により兼業の依頼を行っていただきますようお願いいたします。

 本学教職員は、許可無くして兼業に従事することはできませんので、兼業依頼の手続き等において遺漏のないよう重ねてお願いいたします。

本学教職員への兼業の依頼方法等について

様式・注意事項・担当窓口・関係規程

九州大学職員の役員等兼業の状況について

最終更新日:2017年7月28日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る