EVENTS

EVENTS

公開日:2018.01.10

浅海底フロンティア研究センターシンポジウムの開催について

公開講座 伊都キャンパス 申込受付中

この度、九州大学 先導的学術研究拠点 浅海底フロンティア研究センターでは,「最先端の浅海底地形図づくりとその活用 -沿岸域の科学的理解と利用に向けて-」と題したシンポジウムを以下の日程で開催いたします。浅海底の地形図づくりについて産学官それぞれの取り組みをご紹介するとともに、浅海底地形図の活用に関して民間利用と学術展開の例をご案内する予定です。皆様ぜひご参加下さい。

対象 一般向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2018.01.20 (土) 13:00 ~ 2018.01.20 (土) 17:00
開催場所 伊都キャンパス
会場名 椎木講堂 大ホール
会場の住所 福岡市西区元岡744
定員 なし
参加費 無料
イベント詳細 最先端の浅海地形図づくりとその活用
-沿岸域の科学的理解と利用に向けてー

<日時>2018年1月20日(土) 13:00~17:00
<場所>九州大学伊都キャンパス 椎木講堂 大ホール

第1部 浅海底の地形図づくりー産学官の取り組みー

 〇マルチビーム測深等を用いた浅海底の地形図づくりとその学術利用
  管 浩伸(九州大学浅海底フロンティア研究センター、九州大学地球社会統合科学府)

 〇航空レーザー計測による浅海底地形の三次元計測
  寺岡 仁子(アジア航測株式会社計測技術部)
 
 〇浅海域の水路測量ー新しい調査技術と海図の話ー
  松本 良浩(海上保安庁海洋情報部)

第2部 浅海底地形図の活用ー民間利用と学術展開ー

 〇浅海底地形図を使った沖縄海底遺跡ミュージアム構想
  中西 裕見子(大阪府教育委員会 文化財保護課)
 
 〇海底地形図の学際研究活用と日豪共同研究プロジェクトJASAG
  藤田 和彦(琉球大学 理学部)
 
 〇地図を使って多様性の中に秩序を見いだすーダーウィンの時代からの試みー
  堀 信行(首都大学東京 名誉教授)
申込方法 事前申し込み不要
申込受付期間 2018.01.10 (水) - 2018.01.20 (土)
お問合せ先

担当:地球社会統合科学府 菅研究室
電話:092-802-5646
Mail:nishi★scs.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ
公開期間 2018.01.10 (水) - 2018.01.20 (土)
関連データ

2018-01-20 浅海底シンポジウム.pdf (822KB)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る