EVENTS

EVENTS

公開日:2018.04.26

第12回 有機光エレクトロニクス産業化研究会

講演会等 キャンパス外 申込受付前

有機ELをはじめとする先端技術を用いた電子デバイス等の実用化には、材料やプロセスなどの多様な技術が必要とされますが、各技術の高度化に伴い、このような技術を企業や大学が単独で開発することは極めて困難となっています。
また、近年のグローバル化により、国内で開発された技術が他国で利用される例も増加する一方で、国際間で協力しながら技術移転や改良をスムーズに進めることは、文化の違いもあり、なかなか容易ではありません。 
こうした背景から、当該分野においては現在、豊富な技術開発の経験や国内外のネットワークを有する機関をハブとした連携を活用する取り組みが進められています。
今回の研究会は、上記のような連携を積極的に進めている代表的な機関・企業様から講師をお招きし、有機EL等に関する先進的な事例をご紹介いただきます。
皆様の事業発展の参考となるような会を企画しております。奮ってのご参加をお待ちしております。

対象 一般向け、在学生・教職員向け
開催日時 2018.06.07 (木) 13:30 ~ 2018.06.07 (木) 16:50
開催場所 キャンパス外
会場名 ハイアットリージェンシー福岡(福岡市博多区)
会場の住所 福岡市博多区博多駅東2-14-1
定員 先着   120名    ※ 定員に達し次第締め切らせて頂きます。
参加費 無料
イベント詳細 研究会 (2階 リージェンシーⅠ)
○ 開会挨拶                  
有機光エレクトロニクス実用化開発センター長       安達 千波矢
○ 講演                     
1) 「CEREBAにおける有機EL分野での産学連携」
次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA) 研究部 有機ELグループ 
GM 棚村 満  氏
※次世代化学材料評価技術研究組合  
・ホームページ: http://cereba.or.jp/
CEREBA, Chemical materials Evaluation and REsearch BAse
CEREBAでは、最先端材料の性能評価や信頼性評価という評価技術を共通のプラットフォームとして共有することにより、
高額な材料評価設備への投資リスクを低減すると共に、材料の最適な組合せを提案することによるデバイスメーカー等への迅速な化学材料適用の実現に取り組んでいます。

2) 「コニカミノルタにおける産学連携の取組について」
コニカミノルタ株式会社 技術フェロー 北 弘志 氏

3)「有機エレクトロニクスイノベーションセンターにおける産学連携の取り組み」
山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンター センター長代理  仲田 仁 氏
※有機エレクトロニクスイノベーションセンター
・ホームページ: http://inoel.yz.yamagata-u.ac.jp/
INOEL, the Innovation Center for Organic Electronics
山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンターは、有機エレクトロニクス分野における先端技術の実証研究拠点です。
大学・企業・公的機関が一つ屋根の下で有効に連携し、同分野の基礎的・学術的成果を応用・実証に繋げる技術開発、
実用化・産業化を推進するとともに、それら実用化技術の高度化・複雑化に対応できる人材を育成することを目指しています。

○ 閉会挨拶                  
有機光エレクトロニクス実用化開発センター副センター長 宮﨑 浩
      
交流会: 17:00~18:30(2階 リージェンシーII)
申込方法 事前申し込みの必要あり
[FAX、E-mail]
※有機光エレクトロニクス産業化研究会 参加申し込みフォーム
https://www.i3-opera.ist.or.jp/industry_registries/new
申込受付期間 2018.04.19 (木) - 2018.06.06 (水)
お問合せ先

担当:笹川 麗
電話:092-802-6920
Mail:sasagawa★opera.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ http://www.i3-opera.ist.or.jp/
公開期間 2018.04.26 (木) - 2018.06.07 (木)
関連データ

【ご案内】第12回有機光エレクトロニクス産業化研究会.pdf (407KB)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る