EVENTS

EVENTS

公開日:2018.07.25

5th Solid-state Chemistry & Ionics Workshop

講演会等 キャンパス外 申込受付中

5th Solid-state Chemistry & Ionics (SCI) workshopが平成30年9月10日~9月13日に開催されます。このワークショップは、Solid-state Chemistry & Ionicsおよび九州大学エネルギー研究教育機構(Q-PIT)が主催、新学術領域研究「複合アニオン化合物の創成と新機能」が共催で、九州大学伊都キャンパス完成記念関連行事として開催されます。燃料電池、リチウムイオン電池、熱電材料、超伝導、光触媒、触媒、センサー、計算科学、固体化学など、各エネルギー技術分野を牽引する方々に講演いただくことで、幅広いエネルギー分野の最先端情報を一挙横断的に理解し、学際融合を含め、新たな研究の方向性を見出すことを目的としています。
本ワークショップは、通常の学会とは異なり、上記10名の著名な研究者の招待講演に限定し、十分な質疑応答の機会を設けることで、学際領域における最先端情報を理解しやすくしています。さらに、学生、若手研究者の育成を促進するため、招待講演者にポスター発表を評価いただき、優秀な学生やポスドクにポスター賞を贈ります。ポスター概要の提出締切が7/27(金)、割引参加費支払い締切が8/2(木)ですので、奮ってご参加ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

対象 一般向け、在学生・教職員向け
開催日時 2018.09.10 (月) 15:00 ~ 2018.09.13 (木) 12:00
開催場所 キャンパス外
会場名 九州大学 西新プラザ
会場の住所

MAP

〒814-0002 福岡県福岡市早良区 西新2丁目16−23
定員 先着   200名
参加費 有料   34500円    ※ *大学関係者の割引価格。(学生・ポスドク)14000円、(企業)50000円、8月3日以降は+15000円
イベント詳細 【招待講演者】
・Prof. Joachim Maier (マックスプランク研究所, 独国: 固体イオニクス、二次電池)
・Prof. Hideo Hosono (東京工業大学, 日本: 機能性酸化物, 不均一触媒)
・Prof. Kazunari Domen (東京大学, 日本: 太陽燃料, 光触媒)
・Prof. William Chueh (スタンフォード大学, 米国: 太陽燃料,二次電池)
・Prof. Ram Seshadri (カリフォルニア大学 サンタバーバラ校, 米国: 固体化学)
・Prof. Aron Walsh (インペリアルカレッジロンドン, 英国: 計算化学)
・Prof. Zenji Hiroi (東京大学, 日本: 超伝導)
・Prof. Manfred Martin (アーヘン工科大学, 独国: 固体イオニクス)
・Prof. Shu Yamaguchi (東京大学, 日本: 固体イオニクス)
・Prof. Jeff Snyder (ノースウェスタン大学, 米国: 熱電材料)

*詳細はホームページをご参照ください。
(http://www.inamori-frontier.kyushu-u.ac.jp/materials/workshop5.html)
申込方法 事前申し込みの必要あり
[E-mail]
※指定の申込フォームをダウンロード、ご記入いただき、お問い合わせ先のメールアドレス(sci-5★ifrc.kyushu-u.ac.jp)(※メールアドレスの★を@に変更してください)へご送付ください。また、ポスター発表希望者は、ポスター概要様式をダウンロード、ポスター発表概要をご作成の上、7月27日までにお問い合わせ先メールアドレスへご送付ください。
申込受付期間 2018.07.09 (月) - 2018.08.02 (木)
※*割引料金申し込み期間。8/3 ~ 9/13は通常料金にて申込受付。
お問合せ先

担当:Solid-state Chemistry & Ionics (SCI)事務局 (担当:兵頭潤次)
電話:092-802-6967
FAX:092-802-6967
Mail:sci-5★ifrc.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ http://www.inamori-frontier.kyushu-u.ac.jp/materials/workshop5.html
公開期間 2018.07.25 (水) - 2018.09.13 (木)
関連データ

RegistrationForm_5thSCI.xls (85KB)

AbstractTemplate_5thSCI.docx (21KB)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る