EVENTS

EVENTS

公開日:2018.08.21

本日開催 第3回国際シンポジウム"Decision Science for Future Earth" ~Transdisciplinary science in practice~

講演会等 キャンパス外 申込受付中

本学、持続可能な社会のための決断科学センターは、第3回国際シンポジウム「Decision Science for Future Earth ~Transdisciplinary science in practice~」を開催いたします。
Future Earth は、国連傘下の4つの地球環境プログラム、およびその連携機構である地球システム科学パートナーシップを統合した国際プログラムであり、2013 年に創設されました。
Future Earth は地球環境問題だけでなく、貧困や教育などのあらゆる社会問題の解決に貢献する科学の発展を目標とし、科学者だけでなく企業・政府・NPO などさまざまなステークホルダーとの共創(co-design)を重視し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する超学際科学(統域科学transdisciplinary science)の展開を意図している。
九州大学では、2016 年に、日本ではじめてのFuture Earth 関連の本格研究プロジェクトであるJST のフューチャーアース推進事業に「環境・災害・健康・統治・人間科学の連携による問題解決型研究」(代表者:矢原徹一)が採択され、持続可能な社会のための決断科学センター(IDS3)のスタッフを中心に、研究開発を推進しています。
今回の国際シンポジウムは9月24日と28日の2日間にわたって行われます。24日には、九州大学IDS3と同じくフューチャーアース推進事業に採択され、貧困問題の解決に超学際研究を通じて取り組んでいる「TD-VULSプロジェクト」(代表者:佐藤哲,愛媛大学社会共創学部・教授)、Future Earth アジア地域センターに選出された総合地球環境学研究所のメンバーもお招きしそれぞれの成果を発表します。
28日のセッションは同日WSSF2018にて14:00-16:00に開催されるセッション"Key roles of social sciences in Future Earth, a global research initiative to support the sustainable development goals (SDGs)"の事前会合として開催され、Future Earth理事であるAmy Luers博士らFuture Earthを推進する有力なゲストを迎え、日本のFuture Earth事業の成果や日本発のFuture Earthコンセプトについて議論・発信します。

対象 一般向け、在学生・教職員向け
開催日時 2018.09.24 (月) 10:00 ~ 2018.09.28 (金) 12:00
開催場所 キャンパス外
会場名 JR博多シティ大会議室(10階)
会場の住所

MAP

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号
定員 なし
参加費 無料    ※ 懇親会のみ会費制
イベント詳細 ≪ 内 容 ≫
Day1:Monday, September 24, 2018 Large Conference Room, JR HAKATA CITY 10F
9:30- 受付 / Registration
10:00-10:05開会挨拶 / Welcome Remarks
安浦 寛人(九州大学理事)
10:05-10:30基調講演1 /Keynote speech
      Adaptive learning and Society: How can we transform our society to a better
      矢原徹一(九州大学持続可能な社会のための決断科学センターIDS3)
セッション1-How we can develop successful co-design and co-production with various stakeholders to solve various social problems of local communities? (10:30-14:00)
10:30-11:00 Practice and lesson of collaboration between university and local community for
creating a sustainable community (tentative title)
TBA (IDS3), Kyushu University, Japan
11:00-11:30 A toolbox approach for local decision making and transdisciplinary research Mitsutaku
Makino1, Shion Takemura1 and Hidetomo Tajima2 (TD-VULS project), 1 Japan
Fisheries Research and Education Agency, 2 Tajima Lab. Co.,Ltd., Japan
11:30-12:00 Legitimate processes of co-designing fair water distribution systems along irrigation
channels with diverse stakeholders
Agnes Dorotea Rampisela (TD-VULS project), Faculty of Agriculture, Hasanuddin
University, Indonesia
12:00-13:00 昼食
13:00-13:30 The Adaptive Watershed Governance: Linking Local and Global Scales
Noboru Okuda (RIHN), Research Institute for Humanity and Nature, Japan
13:30-14:00 ディスカッション / Discussion
14:00-14:10 休憩 / Coffee Break

セッション2- How we can contribute to national and global problem-solving based on many cases of local success? (14:10-16:40)
14:10-14:40 Toward realizing the Continuum of Care in maternal and child health: Solving problem
with Portable Health Clinic and Social Business
Kimiyo Kikuchi, IDS3, Kyushu University, Japan
14:40-15:10 Practices and Challenges for Sustainable Development Goals (SDGs) in Forestry Sector
of Indonesia: Locally Rooted, Globally Respected
Budiadi and San Afri Awang, Faculty of Forestry, Universitas Gadjah Mada, Indonesia
15:10-15:40 Cases on international network of community-led marine protected areas Shinichiro
Kakuma (TD-VULS project), Okinawa Deep Seawater Research Center, Japan
15:40-16:10 Interlinking open science to community-based participatory research for
socio-environmental cases
Yasuhisa Kondo (RIHN), Research Institute for Humanity and Nature, Japan 16:10-16:40 ディスカッション / Discussion
16:40-16:50休憩 / Coffee Break
16:50-17:40 ディスカッション / Discussion
Moderator: Tetsu Sato (TD-VULS project), Faculty of Collaborative Regional Innovation,
Ehime University, Japan
1.Short presentation from Moderator: Challenges of Future Earth transdisciplinary
research.
2. Floor discussion
17:40-17:45閉会挨拶 / Closing remarks
矢原徹一(九州大学持続可能な社会のための決断科学センターIDS3)
18:30-20:00 意見交換会 / Banquet


Day2 Friday, September 28, 2018 Large Conference Room, JR HAKATA CITY 10F
9:30 受付 / Registration
10:00-12:00 パネルディスカッション / Panel Discussion
Moderator: Tetsukazu Yahara, Director of IDS3, Kyushu University
Short presentation from Moderator: the current status and future research of Future
Earth projects in Japan
Panel Members:
Leena Srivastava, Co-chair of Future Earth Advisory Committee & Vice Chancellor
Professor, Department of Policy Studies, TERI School of Advanced Studies, India
Amy Luers, Executive Director of Future Earth
Eduardo Brondizio, Former Future Earth Science Committee & Director, Center for the
Analysis of Social-Ecological Landscapes, Department of Anthropology, Indiana
University
1.Brief presentation from moderator:Wrap-up of day1 and disseminate the current
status and future research of Future Earth projects in Japan
2.Panel discussion
申込方法 事前申し込みの必要あり
[Webサイト]
※下記URLに直接お申込み下さい。
https://kokucheese.com/event/index/531810/
申込受付期間 2018.08.17 (金) - 2018.09.22 (土)
お問合せ先

担当:学務部決断科学大学院プログラム支援室
電話:092-802-6050
Mail:ketsudan★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ http://ketsudan.kyushu-u.ac.jp/
公開期間 2018.08.21 (火) - 2018.09.29 (土)
関連データ

★flyer_表面.pdf (592KB)

★flyer_裏面.pdf (126KB)

  • トップページ
  • EVENTS
  • 第3回国際シンポジウム"Decision Science for Future Earth" ~Transdisciplinary science in practice~

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る