EVENTS

EVENTS

公開日:2020.02.07

日本語教育セミナー「OJAD(Online Japanese Accent Dictionary)とそれを用いた音声指導」「音声情報処理技術を用いた言語学習・獲得支援」

講演会等 大橋キャンパス 申込受付中

このたび、九州大学人文科学研究院附属言語運用総合研究センターでは、下記のとおり社会連携特別セミナーを開催いたします。関心がある方はどなたでも参加可能です。ぜひ、この機会に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

対象 一般向け
開催日時 2020.02.29 (土) 10:00 ~ 2020.02.29 (土) 16:00
開催場所 大橋キャンパス
会場名 九州大学芸術工学部5号館511教室
会場の住所 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1
定員 なし
参加費 無料
イベント詳細 ①峯松信明教授(東京大学)
「OJAD(Online Japanese Accent Dictionary)とそれを用いた音声指導」(10:00-12:30)
多くの学習者が「日本語らしく自然な発音を学びたい」と考える一方,音声・韻律教材が不足しています。このような現状に鑑み,a) アクセントやその変形を教科書ガイド的に示し,b) 任意の文を対象として,共通語としての韻律制御を可視化し,c) その通りに読み上げる,などの機能を備えた OJAD が開発されました。本講習会では1) 日本語の韻律に関する基礎,2) OJAD各種機能の体験,3) OJAD を使った音声指導の具体例,を学びます。本講習会は40ヶ国以上で,140回以上,開催してきました。各地のスピーチコンテストに導入されています。

②峯松信明教授(東京大学)、西村多寿子特任研究員(東京大学)
「音声情報処理技術を用いた言語学習・獲得支援」(13:30-16:00) 
OJADは学習者の「話す」能力向上を目的とした技術支援ですが,音声技術を用いると様々な学習支援が可能です。dyslexia 支援を目的とし,日本人児童を対象とした音韻意識の調査・分析について紹介し,また,日本人の英語学習支援についても応用例を紹介します。いずれも「聞く」ことに着目した支援となります。時間があれば,波形としての音声(音声の物理的側面)を分かりやすく解説します。音声の物理的側面の理解が深まると,新しい学習者・障害者支援が可能となるかもしれません。
申込方法 事前申し込みの必要あり
[Webサイト]
※申込ページ
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~cslp/contact.html
申込受付期間 2020.02.07 (金) - 2020.02.27 (木)
お問合せ先

担当:言語運用総合研究センター
電話:092-802-5104
FAX:092-802-5104
Mail:cslp★lit.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

ホームページ
公開期間 2020.02.07 (金) -
関連データ

ポスター(日本語教師:2019年)0119.pdf (670KB)

  • トップページ
  • EVENTS
  • 日本語教育セミナー「OJAD(Online Japanese Accent Dictionary)とそれを用いた音声指導」「音声情報処理技術を用いた言語学習・獲得支援」

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る