EVENTS

EVENTS

公開日:2021.06.10

第1回 水共生学公開シンポジウム 「港市・小樽の自然と歴史-水とともにある街の過去・現在・未来-」

講演会等 キャンパス外 申込受付中

水危機・水リスクを軽減させ、水とヒト、生物が持続的に共生する社会の実現を目指す「水共生学」プロジェクトの第1回公開シンポジウムとして、「港市・小樽の自然と歴史-水とともにある街の過去・現在・未来-」を開催致します。
セッション1では、港市・小樽の歴史を、またセッション2では小樽の水をめぐる自然環境を取り上げ、九州大学や地元小樽の研究者が話題を提供します。
会場に来られない方にはYouTube Liveでの配信もありますので皆様奮ってご参加ください。

主催 小樽商科大学、九州大学大学院地球社会統合科学府
共催 九州大学アジア・オセアニア研究教育機構、九州大学共創学部
後援 小樽市

対象 一般向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2021.06.20 (日) 13:00 ~ 2021.06.20 (日) 17:00
開催場所 キャンパス外
会場名 小樽芸術村 旧三井銀行小樽支店 および YouTube Live
会場の住所 北海道小樽市色内色内1丁目3-1
定員 なし    ※ 会場参加は定員50名です。
参加費 無料
イベント詳細 12時30分 開場
13時00分 開会挨拶 江頭 進(小樽商科大学)
13時5分  迫 俊哉・小樽市長からのご挨拶

13時15分-14時15分 セッション1 港市・小樽の歴史
 ・高野 宏康 (小樽商科大学) 
 「港市・小樽の成り立ちと変遷」
 ・鬼丸 武士 (九州大学) 
 「港市としての近代小樽の魅力:アジアの他の港市との比較から」
 ・鈴木 英明 (国立民族学博物館) 
 「港市間ネットワークのなかに小樽を位置づける」 
14時15分質疑応答
 
14時30分 休憩

15時00分-16時00分 セッション2 小樽の水をめぐる自然環境
 ・片山 昇(小樽商科大学)
 「小樽の両生類の驚異の変身能力」
 ・山本 亜生 (小樽市総合博物館) 
 「勝納川に生息する希少な水生昆虫ナガレカタビロアメンボについて」
 ・荒谷 邦雄 (九州大学)
 「小樽の昆虫相ー気候変動が生んだ北海道の生物多様性ホットスポットー」
16時00分 質疑応答
 
16時15分 全体討論

17時00分 閉会挨拶 松井 康浩(九州大学)
申込方法 事前申し込みの必要あり
[Webサイト]
※以下参加申込フォームよりお申し込みください。
https://bit.ly/3hJ4mei
YouTubeLiveでの参加を希望される方もお申し込みが必要です。視聴アドレスを後日送らせていただきます。
申込受付期間 2021.06.10 (木) - 2021.06.19 (土)
お問合せ先

担当:九州大学大学院 比較社会文化研究院 荒谷邦雄
Mail:araya★scs.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

※お電話の場合は0134-27-5482(小樽商科大学地域経済研究部)
ホームページ
公開期間 2021.06.10 (木) - 2021.06.20 (日)
関連データ

poster.pdf (2349KB)

  • トップページ
  • EVENTS
  • 第1回 水共生学公開シンポジウム 「港市・小樽の自然と歴史-水とともにある街の過去・現在・未来-」