NEWS

お知らせ

公開日:2019.06.10

九州大学とJICAがタッグを組んで今年も国際地熱研修コースを開講 ―世界6か国14名の研修員が参加―

お知らせ

2018年 研修旅行(佐賀大学海洋エネルギー研究センター)

 九州大学大学院工学研究院がJICA九州と連携して2016年に再始動した国際研修コース「地熱資源エンジニア」を、今年も開講します。

 地熱発電はベースロード電源になり得る環境に優しい国産のエネルギーであり、地熱資源を持つ国での開発が進められています。一方で開発リスクの高さから地熱資源開発が進まない国も多く、資金確保だけでなく人材育成が喫緊の課題となっています。

 本コースは、地熱開発に必要な基礎知識を学ぶと共に専門分野の技術を習得し、地熱資源開発を担う中核人材を育成することを目的としています。研修員は各国で地熱資源開発を担う機関の技術者や政策策定の担当者で、3か月の講義の後、それぞれの専門分野に分かれてプロジェクトスタディを行い、研修終了時には実施したプロジェクトスタディの成果発表も行います。

 本コースを開始するにあたり、今年も下記日程で開講式を行います。

 
<地熱資源エンジニアコース 開講式>
日 時: 6月17日(月)16:30-17:00
場 所: 九州大学工学部第一会議室 (福岡市西区元岡744 ウエスト4号館420号室)


詳細についてはこちらをご参照ください。

 

 

お問い合わせ

大学院工学研究院 教授 藤光 康宏
電話:092-802-3322
FAX:092-802-3368
Mail:fujimitsu★mine.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • お知らせ
  • 九州大学とJICAがタッグを組んで今年も国際地熱研修コースを開講 ―世界6か国14名の研修員が参加―

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る