NEWS

お知らせ

公開日:2019.08.01

IDE大学セミナーの開催について

お知らせ

1.趣  旨:大学教育に関心を有する国公私立大学等の教職員を主な対象としてセミナーを開催し、当面する諸課題について情報共有及び検討を行い、各機関において教育・学生指導の改善・充実を図る。
2.主  催:IDE大学協会九州支部・九州大学
3.日  時:令和元年10月6日(日) 13:00~17:30
4.場  所:TKPガーデンシティ福岡渡辺通
   <福岡市中央区清川1-10-1
アパホテル福岡渡辺通駅前EXCELLENT内 2階>
5.対  象:大学教育に関心を有する方
6.参加定員:約120名
7.テ ー マ:「障害者差別解消法施行後の障害学生支援」

 平成28年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(以下、「障害者差別解消法」と略記)が施行されました。各大学においても、障害者への「不当な差別的取り扱い」及び「合理的配慮の提供」が法的義務ないし努力義務となり、それぞれ組織づくり・体制づくりが進んでまいりました。
 それから3年が経ち、九州地区の各大学での組織づくり・体制づくりがひと段落した際に出てきた諸課題を再度、九州地区で持ち寄り共有して、各大学の運営に活かすことができないか、と企画したものになります。業務、組織、人員、財政、学内部門間連携、大学間情報共有などはどうなっているのか、今後、どうしたら良いのか、基調講演者と設置者別の事例報告を踏まえ、検討していきます。

8.プログラム

開会挨拶 IDE九州支部長 久保 千春(九州大学総長)

基調講演① 「障害学生支援と合理的配慮」
 講 師:東 俊裕(熊本学園大学 社会福祉学部 教授)

基調講演②「大学における障害学生支援 ~文科省第二次まとめ以後の課題~」
 講 師:竹田 一則(筑波大学 人間系 教授)

事例報告①「発達障害学生に対する合理的配慮の決定プロセス ~学生が経験的に学ぶことを中心に~」
 講 師:西村 優紀美(富山大学 保健管理センター 准教授)

事例報告②「長崎大学の事例と課題 ~入学・在学中・卒業後に際して~」
 講 師:ピーター・バーニック(長崎大学 障がい学生支援室 助教)

事例報告③「西南学院大学における視覚障害学生の支援体制づくり~大学と当該学生の協働を通して~」
 講 師:牛尾 幸世(西南学院大学 学生支援部学生課 保健管理室主幹・保健師)
     敷嶋 杏美(西南学院大学 文学部英文学科 3年)

総括・討議 進 行:IDE九州支部監事 九州大学 木村 拓也 准教授
                    九州大学 立脇 洋介 准教授
      パネリスト:筑波大学 竹田教授、熊本学園大学 東教授、
            富山大学 西村准教授、長崎大学 バーニック助教、
            西南学院大学 牛尾主幹、西南学院大学 敷嶋さん

閉会挨拶 IDE九州支部常務理事 丸野 俊一(九州大学理事・副学長)
      ※セミナー終了後、情報交換会<会費3,000円>を開催します。

9.参加申込:9月20日(金)までに、機関会員及び大学等においては所属機関ごとに参加申込書により、IDE会員及び一般の参加者等においては個別に参加申込書により、郵送又は電子メールにて下記宛先までお申込ください。
      ※ メールの場合は、件名に「IDE大学セミナー参加申込」であることを明記し、参加申込書を添付してください。

10.経 費 等:参加費は無料ですが、会場までの交通費・宿泊費等については、自己負担とさせていただきます。

11.そ の 他:駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
今回のIDE大学セミナーは、「障害者差別解消法施行後の障害学生支援」をテーマに開催いたします。
ついては、セミナー時に必要な配慮事項等ありましたら、可能な範囲で対応させていただきますので、参加申込みいただく際に、その旨お知らせください。

申込用紙(機関用)(42 KB)

申込用紙(個人用)(36 KB)

お問い合わせ

学務部学務企画課企画調査係小島
電話:092-802-5814
FAX:092-802-5990
Mail:IDE-kyushu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る