NEWS

緊急事態宣言の延長を受けて(総長メッセージ)

公開日:2020.05.07

 

お知らせ

  報道等で既にご承知のとおり、政府は5月6日 までとしていた緊急事態宣言の実施期間を5月31日 まで延長しました。福岡県など特定警戒都道府県には基本的にこれまでと同様の行動制限が要請されています。これに伴い、福岡県から大学等に対する休業要請も同様に5月31日 まで期間が延長されました。

  本学では、感染拡大防止のための学内の各種行動について指針を定め、全構成員に対して5月6日までの行動制限徹底をお願いしてきましたが、当面の間、現状の「段階4(制限 大)」を維持し、感染拡大防止に最大限努力してまいりたいと思います。構成員の皆さんにおかれては、今しばらくご不便をおかけしますが再度行動指針をご確認の上、引き続き各種行動制限の徹底をお願いいたします。なお、本学では、緊急事態宣言及び休業要請の動向と内容を十分注視しつつ、今後の行動制限についても慎重に検討しております。

  この指針に基づき、5月7日から春学期を遠隔授業に限り開始いたしました。その準備や実施のためにキャンパス内で活動される教職員の方にあっては、人との接触をなるべく避け感染拡大防止に留意しながら、円滑な授業運営を担っていただくようお願いいたします。

  研究活動についても、これまでの行動制限を継続いたします。従って、研究室での活動は限定的なものとして、それ以外は自宅で行っていただくことになります。

  一方、残念なことに感染リスクへの危機感に乏しいと思われる事例の相談が依然寄せられています。研究責任者におかれては、真に必要な活動かどうか検討し、やむを得ずキャンパス内で活動する場合であっても、従事する時間・人員を必要最小限にするなど配慮を徹底していただくよう、今一度お願いします。なお、現在の状況下での、来学・長時間活動の強要、時短や在宅勤務・作業の申出に対しての拒絶などは、その態様によってはハラスメントと評価されるものであることにご留意ください。

  課外活動については学生同士の接触を伴う一切の活動は引き続き禁止です。ただし、webを通じた交流・活動等は自由です。課外活動に限らず、このような状況であっても、webを通じて様々に繋がりを持ち、学業や生活についてお互いに相談していただきたいと思います。もちろん、学生の皆さんからの質問や悩みについての相談は学生窓口等でも行っています。

  先にお伝えしたとおり、本学としては、学生が少しでも安心して学業に励むことができるよう「九州大学緊急学生支援プラン」を実施することとし、国からの支援に加え、緊急授業料免除や緊急学生支援金給付を行うこととしています。現在、具体的手続の準備を進めています。準備ができ次第、ホームページなどに掲載いたしますので、もうしばらくお待ちください。

  九大病院においては、多くの医療従事者の皆様が、新型コロナウイルス感染症との戦いに日夜奮闘をいただいており、このような状況はさらに長引くことが予測されます。本学としては新型コロナウイルス感染症に献身的な努力を重ねられている皆様個々人への処遇面での配慮を検討しております。

  全国的に新規の患者発生数が減少傾向にあり、緊急事態宣言及び休業要請の効果が一定程度出てきていると認められるところです。しかし、気を緩めることなく再度各人が自身の行動に責任をもって対応することが事態の収束に向けて何より重要と考えます。

  改めまして、本学構成員及び社会の皆様の命と健康を守るため、引き続き各種行動制限の徹底をお願いいたします。

令和2年5月7日
九州大学
総長 久保 千春

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る