NEWS

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について

公開日:2020.11.11

 

お知らせ

[English]

学生の皆様へ

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について、文部科学省から連絡がありましたので、お知らせいたします。

新型コロナウイルスの影響で、アルバイト(中小企業等)を休業させられ、休業手当を受けていない学生は、以下を確認してください。

厚生労働省のウェブサイトを確認してください。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000689989.pdf

概要は以下のとおりです。
○ 支援金・支給金の支給手続きの「支給要件確認書」において、休業の事実が確認できない場合であっても、以下のケースについては、支援金・支給金の対象となる休業として取り扱います。

①労働条件通知書に「週○日勤務」などの具体的な勤務日の記載がある又は申請対象月のシフト表が出ているといった場合であって、事業主に対して、その内容に誤りがないことが確認できるケース

②休業開始月前の給与明細等により、6か月以上の間、原則として月4日以上の勤務がある事実が確認可能で、かつ、事業主に対して、新型コロナウイルス感染症の影響がなければ申請対象月において同様の勤務を続けさせていた意向が確認できるケース(ただし、新型コロナウイルス感染症の影響以外に休業に至った事情がある場合はこの限りではありません。)

○ 支給要件確認書の作成に事業主のご協力が得られない場合、その旨を支給要件確認書に記載の上、労働者から申請いただくことが可能です。その場合、都道府県労働局から事業主に対して、確認や協力依頼を行います(都道府県労働局から、事業主や申請者に関係書類の提出などを求める場合がありますので、ご協力をお願いします)。

○ 本来、休業支援金は一度支給決定または不支給決定を受けた申請対象月については、その決定を変更することはできませんが、「休業の事実」や「雇用の事実」が確認されないとして既に不支給決定を受けている方であっても、上記のケースに該当する場合には、改めて申請していただくことが可能です。その場合は、申請書等の申請に必要な書類に加えて不支給決定通知書の写しも提出してください。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
電話0120-221-276 月~金8:30~20:00 / 土日祝8:30~17:15

参考(休業支援金・給付金について)
[Japanese] https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html
[English]https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000648770.pdf

お問い合わせ

学務部学務企画課総務係
電話:092-802-5925
Mail:gagsomu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る