NEWS

店舗の混雑状況で、dポイントの進呈率を変動!店舗内の「密」を防ぐ共同研究開始

公開日:2020.11.19

 

お知らせ

アプリ画イメージ

 九州大学持続的共進化地域創成拠点と株式会社NTTドコモは、買い物の際に進呈するdポイントの進呈率を、店舗内の混雑状況に応じて変動させ、店舗内の「密」を防ぐ共同研究を2020年11月19日(木)から開始します。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、密集や混雑を回避するなどの「新しい生活様式」の実践が求められる中、飲食・小売業では売り上げが落ち込むなど、コロナの感染拡大防止と社会経済活動の両立が課題となっています。本共同研究において、店舗の混雑回避対策と売り上げアップの両立をめざします。 

 本共同研究は、九州大学伊都キャンパスの学生約1,500人にモニターとして参加してもらい、伊都キャンパス内の飲食店や小売店店舗で行います。店舗に来店、または来店が予測される学生モニターへ、テイクアウトや混雑時間帯を避けた来店でボーナスポイントを進呈するメッセージを送り、3密回避の行動を促進します。実際にテイクアウトを利用した方や、混雑時間外へ来店時間を変更した方に、dポイントを進呈します。本共同研究では、混雑状況に応じてdポイント進呈率を即座に変える「ダイナミックプライシング」を導入します。

詳細はこちらをご覧ください。

学⽣モニターの募集について

対象︓伊都キャンパスに通っている、かつ残りの在学期間が 1 年間以上の九⼤⽣

詳細はこちらをご覧ください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る