NEWS

九州大学EUセンター「ジャン・ モネCoE九州・第二期 事業開始のお知らせ」

公開日:2020.12.15

 

お知らせ

 九州大学のEUセンターは、2011年4月から5年間、欧州委員会(European Commission)からの資金援助を得たコンソーシアムの代表校としてEUインスティテュート・イン・ジャパン九州(EUIJ九州)を運営し、EUに関する教育・研究のさらなる向上を目指してまいりました。その後、2016年9月には、EUの教育助成金プログラム(エラスムス・プラス)の日本で2拠点目となる「Jean Monnet Centre of Excellence(ジャン・モネCoE)」を獲得し、「ジャン・モネ CoE九州」(プロジェクト名:Jean Monnet Centre of Excellence-Kyushu (JMCoE-Q)事業として、3年間にわたりEU研究を世界に向けて発信して参りました。 

 この度、九州大学のEUセンターでは、再びEUの教育助成金プログラム(エラスムス・プラス)を獲得し、「ジャン・モネCoE九州・第二期」(プロジェクト名:Jean Monnet Centre of Excellence-Kyushu, Second Stage(JMCoE-Q2))事業を開始しました。2020年11月17日~2023年11月16日までの3年間にわたり、教育、研究、アウトリーチ、学術交流などの事業を行い、EU研究・教育の一層の深化・発展を通じて九州大学のグローバル化に貢献します。

<目的>
「ジャン・モネCoE九州・第二期」では、EU統合の将来と教育研究のグローバル化の未来について考えるための「多元的プラットフォーム」を、日本と東アジアにおけるEU研究の地域ハブである九州エリアに構築し、EUが直面する以下の3つの課題解決に取り組みます。

(1) EU統合の内在的課題(Brexit後の単一市場やユーロ制度改革)
(2) EUの対外的課題(日本EU EPAやBrexit後のEU英国通商関係)
(3) EUが直面する地球規模の課題(SDGs,資源エネルギー問題、COVID‐19対応等) 

<事業内容>
EU研究ディプロマプログラム(EU-DPs)によるEUについての体系的学習機会の提供や夏季合宿・EU研修旅行の実施などの教育活動、EUに関連するシンポジウムや講演会、研究者・学生、一般市民、ビジネス関係者等を対象に、広くEU理解を促進する研究活動やアウトリーチ活動などを行います。

-----------------------------------------------
これまでの活動内容や成果、新事業の詳しい内容につきましては、九州大学EUセンターホームページにてご覧いただけます。今後も広く情報提供してまいりますので、多くの皆様のご利用をお待ちしております。 

【九州大学EUセンター「ジャン・モネCoE九州」のウェブサイト】
 日本語:http://eu.kyushu-u.ac.jp/jmcoejp.html
 英 語:http://eu.kyushu-u.ac.jp/jmcoe.html

-----------------------------------------------

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る