NEWS

九州大学と情報工場、調べ学習における学習行動と知識変化に関する共同研究を開始

 
~学習者が効果的に知識を広げることのできる学習支援環境のデザインを目指して~

公開日:2020.12.18

 

お知らせ

 株式会社情報工場と九州大学は共同で、調べ学習における学習行動パターンが知識の広がりにどう影響するかについて、2020年11月より共同研究を開始しました。
 本研究は、本学の授業「課題協学®」内のテーマ「人間社会におけるデータの利用:2030年のデータ利用サービスをデザインする」において、様々な資料を調べる「調べ学習」で取った学習行動と、それにより知識がどのように広がったかをデータ化・分析し、学習者が効果的に知識を広げることのできるパターンを見出すものです。
 昨今の変化の激しい時代には、新たな知識を学び、それらを組み合わせて柔軟な発想を生むことが必要とされています。一方、これまでWebや図書館、知識コンテンツなどを含む多様な情報に対して、どのような学習行動が効果的に知識を広げるかについては分析されていませんでした。本研究は、学生向けのみならず、社会人向け学習プログラムにおける効果的な学習環境のデザイン、構築に貢献するとともに、学習行動に対する効果測定としてもこれまでにない示唆を得られると考えています。

▲概念地図のサンプル

九州大学ラーニングアナリティクスセンター
木實 新一センター長からひとこと
これまで、多様な情報に対して、どのような学習行動が効果的に知識を広げるかについては十分な分析がされてきていません。本研究では、調べ学習の環境・方法と知識の広がりがどのように関わりあっているかについて具体的な分析を行い、効果的な学習環境に関する知見を得たいと考えます。「SERENDIP」は検索エンジンや図書館とは異なる特徴を持つ情報環境で、本共同研究の特色となるものだと感じています。
本研究で得られる知見をもとに、能動的な学びを効率的に支援し「アクティブラーナー」を育成することのできる学習環境やツールの実現に貢献したいと思っています。

詳細はこちらをご覧ください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る