NEWS

令和3年度春学期の開始に当たって

公開日:2021.04.08

 

お知らせ

学生・教職員各位
 

 令和3年度がスタートしました。
 九州大学を目指して勉学に励んできた新入生の皆さん。いよいよ皆さんの大学生活が始まります。在校生及び教職員の皆様にとっても、教育・研究・業務・大学生活の節目であり、新しいステップとなります。
 しかし、残念なことに、本年度も新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合わなければなりません。
 本学では、感染防止のため、様々な対策を講じてきました。授業等については、対面と遠隔を併用して行っておりますが、皆様のご協力により授業、研究活動、正規の課外活動での感染事例はこれまで確認されていません。
 遠隔技術の進展に関わらず人と人との対面の関わりや現場での実験・経験が欠かすことはできないのも事実です。これまでの対策の経験を踏まえ、令和3年度は感染拡大防止に最大限の配慮をした上で、対面授業をより積極的に増やしていきたいと思います。
 構成員の皆様にはマスク着用・手指消毒・3密回避の徹底とともに、各種の行動制限の遵守を改めてお願いいたします。 

※ 新型コロナウイルス感染防止のための本学の対策について
 https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/notices/view/1895
 

 コロナ禍による心身の不調、学費・生活費の懸念、就職への不安など様々な悩みを抱えている方もおられると思います。本学窓口にも遠慮なくご相談いただきたいと思います。
 これまで友人、教員、同僚等に相談することで解決の端緒が見出せるケースもありました。心の悩みを抱えている場合に周囲が変調に気付くケースもありました。しかし、リモートが多くなり、部屋に籠ることが多くなった現在、「気付き」の機会は格段に少なくなっています。皆様には従来にも増して周りの方への配慮をお願いできればと思います。 

 ※悩みを抱えている方の相談体制について
  https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/notices/view/1896 

 コロナ禍のもとでは信頼できる人間関係を広げ、強めることが重要となります。課外活動、研究室、クラスなどを通じて現在の制約の中でも絆を繋ぎ、支えあえるような関係を築いていただきたいと思います。
 我々は新型コロナウイルスによる試練に今暫く耐えていかなければなりません。九州大学病院の皆様にも引き続きのご尽力をお願いしなければなりません。
 しかし、いつか人類は科学の力で新型コロナウイルスを乗り越えられるものと信じます。九州大学もそのために貢献していきたいと思います。
 そのときまで、本学では状況に応じながら、万全の対策を講じていきたいと思います。感染防止と教育研究を両立するため、学生・教職員の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


    
                                   令和3年4月8日
                                  九州大学総長 石橋達朗

 

 ※学生の皆さんは、新学期の機会に改めて「学生生活ハンドブック」をご確認ください。

 The English version will be released around April 13th.