NEWS

本学におけるクラスター発生及び福岡県からの新たな要請を受けて

公開日:2021.04.21

 

お知らせ

学生・教職員各位 

【本学及び福岡県の状況】
 先にお知らせしたように先週本学でクラスターと認定される感染事案が発生いたしました。この事案では同一の機会での感染者が9名判明し、同じ感染ルートと考えられる感染ルートが1名判明しています。
 さらに、本学ではこれらの他、新学期になってから感染が判明した者が6名となっており、学内外において感染を警戒すべき状況となっています。
 全国的にも第4波と見られる感染拡大は続いています。福岡県でも6日間連続して感染者が100名を超える状況となっています。このため、福岡県では、昨日、4/20からの県民への不要不急の外出自粛要請と4/22からの福岡市内飲食店等への時短要請などを発表いたしました。 

【本学における行動制限の強化】
 本学では、これらを受け、「段階1.5一部制限」は維持しつつ、明日(4/21)より、行動制限の内容を以下のように強化することといたします。

  • 不要不急の外出は自粛する。
  • 集団での旅行、宿泊は原則自粛する。
  • 外出の際には、感染防止策を徹底するとともに、感染防止策が不十分な場所への外出や感染リスクが高い活動は避ける。なお、発熱等の症状がある場合は、外出や移動を控える。
  • 都道府県をまたぐ移動・出張については、まん延防止等重点措置が実施されている地域については不要不急の往来は自粛し、感染が急激に拡大している地域等については、遠隔会議の活用を検討し、その必要性を再考するなどして、慎重に対応することとする。その他の地域についても目的地の感染状況や自治体からの呼びかけをよく確認し、慎重に判断する。
  • まん延防止等重点措置実施が指定されている地域からの不要不急の訪問受入れはできるだけ自粛し、感染が急激に拡大している地域等からの訪問については、遠隔会議の活用を含め、訪問の必要性を再考するなどして、慎重に対応する。
  • 21時以降の店舗の時短営業等の要請に鑑み、原則、定時退勤とし、時間外勤務が発生しないよう業務の調整を行う。管理監督者や裁量労働制適用職員についても業務や教育研究活動に支障がない限り早めに退勤する。
  • 21時以降のキャンパス内での教育研究活動及び勤務については、特に必要な場合に限り行うものとする。 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための九州大学行動指針
 https://www.kyushu-u.ac.jp/f/43436/guidance_20210421.pdf

【留意事項】

  • 「集団での旅行、宿泊の原則自粛」は、昨年12月及び今回のクラスター発生の原因を踏まえて定めました。なお、正規の活動上やむをえず複数名で旅行する場合には万全の感染防止対策をとり、お互いの接触をできるだけ避けるようにして下さい。
  • 今後、対面授業出席者に感染者や濃厚接触者が多数報告され、その行動把握や接触者の確認、授業での感染拡大防止対策などに万全を期すことが困難になるような場合には、部局等の判断により、対象学生を指定し、期間を定め、対面授業全体を休講又は遠隔授業に切り替えることもあります。
  • 手指衛生、マスク着用、3密防止の徹底をお願いします。
  • 特に、飲食は少人数・短時間とし、会話はできるだけ控えてください。会話する際は、必ずマスクを着用し、大声は避けるようお願いします(個人宅等での会食を伴う集まりも同様です)。
  • 学食の混雑を避けるため、昼食を事前に準備しておく、空いている教室を利用するなどの対応もお願いいたします。 

令和3年4月20日
九州大学新型コロナウイルス危機対策本部 

◇福岡県からの新たな要請について
 https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19emergency-details.html