NEWS

NECと九州大学が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」が東京都の認知症高齢者向けIoT実証事業に採用

 
利用者自身がローコードでIoTプラットフォームを構築可能

公開日:2021.08.25

 

お知らせ

 NECと九州大学が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」が、東京都の「大学研究者による事業提案制度」に採択されたテーマ「AIとIoTにより認知症高齢者問題を多面的に解決する東京アプローチの確立」(以下 東京アプローチ)を実現するシステム(以下 本システム)のエッジコンピューティングプラットフォームとして株式会社ケアコムに採用され、2021年9月から稼働を開始します。
 「My-IoT開発プラットフォーム」(以下 本プラットフォーム)は、内閣府が実施する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」(管理法人:NEDO)においてNECと九州大学が技術開発したものです。IoTが普及していない国内の産業・地域などにおいて、IoT利用者自身がローコードで簡単にIoTシステムを構築してデジタル化の価値を検証し、新規ビジネス創出につなげることを目的としたエッジコンピューティングプラットフォームです。本プラットフォームを軸としたコンサルテーション、業者間のマッチング、教育などの社会実装支援ならびに普及活動を担うMy-IoTコンソーシアムが、技術開発と社会実装の両輪で取り組みを進めています。

「My-IoT開発プラットフォーム」について

 今回、本プラットフォームの初採用となる東京アプローチは、国立大学法人電気通信大学が中心となって提案するテーマで、認知症患者のQOL(Quality of life)を維持させるとともに、認知症患者のケアを担う介護士や家族の負担を軽減することを目指しています。
 具体的には、認知症患者に装着されるウェラブルセンサや居室に置かれた各種のセンサとエッジコンピューティングならびにAIシステムを連動させ、認知症患者を見守るだけでなく、認知症特有の行動症状および心理症状であるBPSD(Behavioral and Psychological Symptom of Dementia)の予測を自動的に行い、介護士へ通知してケア手法を提示するものです。

「東京アプローチ」について

 NECと九州大学、My-IoTコンソーシアムは、今後、「My-IoT開発プラットフォーム」の提供範囲を拡げ、IoTの活用を拡大することで、社会課題の解決に貢献することを目指します。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • トップページ
  • NEWS
  • お知らせ
  • NECと九州大学が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」が東京都の認知症高齢者向けIoT実証事業に採用