NEWS

【重要】まん延防止等重点措置の期間延長について

公開日:2022.02.24

 

お知らせ

学生・教職員 各位

福岡県へのまん延防止等重点措置が3月6日(日)まで延長されることに伴い、本学の行動制限についても、「2制限(小)」を維持します。
福岡県内における1日の新規感染者数は減少傾向にあるものの、引き続き1日3千人から4千人規模で発生しており、依然として予断を許さない状況にあります。また、17日時点の病床使用率は84.5%であり、県内の感染が収束に向かっていると明確に言える段階ではないため、構成員の皆さまには基本的な感染対策の徹底と、より一層感染予防に留意した行動を取るようお願いいたします。

≪特に注意が必要な点≫

  • 陽性となった方は、必ずチェックリストで濃厚接触者に該当する可能性がある人がいないか確認し、いる場合は当該者に『自宅待機』を依頼してください。
  • 陽性となった人と接触があった場合は、チェックリストで自分が濃厚接触者に該当する可能性があるかどうかを確認し、ある場合は『自宅待機』をしてください。
  • 症状がある方は『事前に電話して医療機関へ』、陽性となった方は『所属部署と接触者に連絡』、陽性者と濃厚接触があった方は『自宅待機』を徹底してください。
    新型コロナウイルスに関する行動フロー
  • 同居者の中で感染が疑われる者が生じた場合は、特に以下に注意してください。
  • 感染が疑われる方とそれ以外の方は、部屋を分け、マスク着用と手指消毒を心掛けてください。
  • 乳幼児や小学校低学年の児童に感染が疑われる場合は、世話をする方を限定し、世話をする方も感染しているという前提で、感染予防を行ってください。
  • こまめな換気と、手で触れる共有部分の消毒をしてください。
  • タオルの共用、箸・スプーンなどの使い回しはしないでください。

新型コロナウイルス感染症では、感染していても症状が出ない方もいます。本人が自覚することなく、他人に感染させる恐れがありますので、以下の点についても重ねて自粛をお願いします。

  • 多人数での長時間の会食は自粛してください(個人宅での会食を伴う集まりを含む)。
  • 不要不急の集団での旅行・宿泊は、自粛してください。

コロナ禍での生活が長くなり、心身の不調、学費・生活費の懸念など様々な悩みを抱えている方も少なくありません。本学では、所属学部の学生係の他に相談内容ごとの窓口もございますので、遠慮なくご相談ください。学年末を迎え、疲労の蓄積など季節的にも体調を崩しやすい時期です。自身の体調変化だけでなく周囲の方の変化にもご配慮いただき、安心・安全に過ごせるようご協力をお願いします。

悩みを抱えている方の相談体制について

※各部局担当一覧
学生:所属の学部等の学生係に連絡
*学部1年生は学務部学生支援課学生支援係へ連絡
教職員:所属部局の総務課等に連絡
*事務局においては、各課(室)の担当係へ連絡すること。

九州大学新型コロナウイルス特設ページ
新型コロナウイルス感染症ポータルページ(福岡県)

令和4年2月20日
新型コロナウイルス危機対策本部