NEWS

都市ガス燃焼後排ガス中のCO₂利用に関する共同検討

公開日:2022.04.07

 

お知らせ

 2022年3月4日に、国立大学法人九州大学(総長 石橋 達朗、以下、「九州大学」)は、西部ガス株式会社(代表取締役社長 道永 幸典、以下、「西部ガス」)、株式会社 日本炭素循環ラボ(代表取締役社長 山下 知恵、以下、「日本炭素循環ラボ」)※と、2021年11月に締結した組織対応型連携契約に基づき、都市ガス燃焼後排ガス中のCO2の回収と利用に関する共同研究契約を締結し、共同検討を開始しました。 

 本共同検討では、西部ガスの都市ガス事業に関するノウハウや、九州大学の学術的知見、日本炭素循環ラボのCO2の回収・利用技術を融合させ、カーボンニュートラル社会の実現に必要な、新しいCO2回収・利用技術を創出することを目的としています。具体的には、ガスボイラー、ガスコジェネ、ガスヒートポンプエアコン(GHP)などのガス機器からCO2を回収し、変換・利用するまでの一連のサイクルを検証・評価してまいります。
※低コスト・高性能なCO2回収・再資源化技術の社会実装を目指す、九州大学発のベンチャー企業

■具体的な取り組み事項

1)CO2の利用状況および潜在的な利用の可能性の整理
2)都市ガス燃焼後の排ガス発生状況の時空間的な変化の整理
3)都市ガス燃焼後の排ガス中のCO2を有効利用する方法の検討

CO2回収/利用イメージ