NEWS

トピックス

公開日:2016.07.15

スマートモビリティ推進コンソーシアムを設立~九州大学伊都キャンパス内での自動運転バスのサービスインに向けて~

トピックス

 平成28年7月8日(金),福岡市役所において,国立大学法人九州大学、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ),株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)及び福岡市は,2018年度下期に九州大学伊都キャンパス内自動運転バス(※1)のサービスインの実現を目的とした「スマートモビリティ推進コンソーシアム」(以下コンソーシアム)の設立会見を行いました。

 会見で久保総長は,今回のコンソーシアムが産学官の強力な連携母体となって,新しいモビリティシステム構築や過疎地域の交通問題などの社会課題の解決につながることへの期待を述べました。

 コンソーシアムの詳細については,プレスリリースを参照ください。

 

(※1)運転席のないバス車両を用い,ドライバーレスに移行する前段階として,緊急の場合等に対応するオペレーターを同乗させる状態での運行を想定。

自動運転バス

挨拶する久保総長

左から,守安DeNA社長,吉澤NTTドコモ社長,久保九州大学総長,髙島福岡市長

お問い合わせ

九州大学広報室
Mail:koho★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • トピックス
  • スマートモビリティ推進コンソーシアムを設立~九州大学伊都キャンパス内での自動運転バスのサービスインに向けて~

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る