九州大学について

About

大学の取組

日本初開催︕

QS-APPLE 2019

第四次産業革命と高齢化社会︓ 変わりゆく大学の役割
Industrial Revolution 4.0 and Ageing Societies: The Changing Role of Universities in the Asia Pacific 

QS-APPLEとは

QS社が開催する年次総会のひとつ。正式名はQS Asia Pacific Professional Leaders in Education。 QSとは英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)の略称。

開催趣旨

高等教育に関する最新トピックス、課題やグッドプラクティスの共有、国際ネットワークの推進、協定校開拓。

【参加者】
主にアジア太平洋地域の高等教育関係者(副学長クラス、国際および広報部門の管理職、実務担当者)。  

 

 

【昨年のQS-APPLE Conference】

プログラム

著名な研究者、政府関係者よる基調講演やディベートに加え、次のテーマについて分科会が開かれる。

1)学生の国際化
2)グローバルな雇用の促進
3)教員の国際化
4)研究の評判とグローバルインパクトの強化
5)大学ブランドの確立

期待される効果

1)国際化の現状を世界に発信
      -評価・信頼の向上
      -スーパーグローバル大学創成支援事業等成果のショーケース
2)海外の大学との連携強化
      -共同研究
      -学生交流プログラム
      -戦略的パートナー
3)日本・九州・国際都市福岡のプレゼンスの向上
      -日本の魅力を海外の大学関係者にPR
      -福岡開催の国際会議が増加

ウェブ閲覧数

QS-APPLEのウェブサイト
年間42,000以上(2018年実績)

参考URL

最終更新日:2019年6月7日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る