教育・学生支援

Student Life

就職・キャリア支援

就職支援について

インターンシップ

インターンシップについて

 インターンシップとは、学生の皆さんが企業・官公庁等において自分の専門分野や将来のキャリアに関連する就業体験を行う制度のことです。
 在学中に実社会に触れることで、自己の職業適性や将来設計について考える良いきっかけとなり、就職先として、自身の希望により沿った企業等の選択が可能となるという効果もあります。

インターンシップ募集一覧

 学務部学生支援課に案内のあったインターンシップ情報を下記にてお知らせします。
 参加希望者は、案内に従って、各自手続きを行ってください。
 (学生支援課を通じてエントリーが必要な場合もあります。)

※随時、更新します。
※学生支援課キャリア支援係(gascareer2@jimu.kyushu-u.ac.jp)まで問い合わせされる際は氏名・所属部局・学生番号を必ずメールに明記して下さい。
※インターンシップへ参加される方は、学生教育研究災害傷害保険(学研災)附帯賠償責任保険Aコース、または同種の保険への加入をお願いします。
※所属する学部の学生係に「インターンシップ届出書」の提出もお願いします。

   

 大学(学務部学生支援課キャリア支援係)を通じて申込むインターンシップ

 応募先:gascareer2@jimu.kyushu-u.ac.jp

 省庁インターンシップ   11/15NEW

 省庁以外のインターンシップ  11/21NEW

 

■九州インターンシップ推進協議会インターンシップ
 ※3種類のインターンシップがあります。参加企業は、下記Webサイトで確認して下さい。

    九州インターンシップ推進協議会Webサイト

   (ID、パスワードは、ポータル、所属の学生係掲示板で確認して下さい。)

 

  <平成30年春季 インターンシップ(短期仕事理解型・ちくご)>  

   ・平成30年春季 インターンシップのご案内

   平成30年春季 申込用紙

  

  <平成30年春季 留学生インターンシップ> 

   平成30年春季 留学生インターンシップのご案内

   ・平成30年春季 留学生インターンシップエントリーシート

 

     <平成30年春季 実践型インターンシップ>

    ・平成30年春季 実践型インターンシップのご案内

    ・平成30年春季 実践型インターンシップエントリーシート

 

 ■その他のインターンシップ

 個人応募インターンシップ    11/21NEW

 

■研究型インターンシップ(※主に理系、修士・博士・ポスドク対象)
  産学協働イノベーション人材育成協議会

インターンシップを希望する場合は新規アカウント登録(https://idm.invhr.org/regist/)をお願いします。

<概要>

 ◎インターンシップは、協議会加盟国内リーディング企業35社にて、研究テーマ(*)を決め、3週間~3ヶ月の期間に行います(期間は各インターンシップにより異なります)。

 (*研究テーマ【企業提案テーマの例】※学生提案のテーマも可能)
  ・デバイス技術の開発
  ・マルチメディアシステムの開発
  ・水処理用の膜技術開発
  ・医薬品の合成・特性開発
  ・土木技術と建築技術の融合
  

 ◎豊富な経験を有するコーディネーターが、学生・指導教員・企業の意向を伺い、学生の皆さんにとって充実したインターンシップになるよう調整します。

 ◎就職を希望する学生の方には、採用につながるようなインターンシップが実施できるよう支援いたします。

 ◎費用(交通費・宿泊費等)は企業にご負担いただきます。


<実施工程>

 ①登録→②ES提出→③コーディネーター説明・面談→④三者面談(学生、指導教員、コーディネーター)→⑤マッチング→⑥企業との事前打合せ→⑦契約→⑧インターンシップ実施→⑨週報提出→⑩修了後評価→⑪報告会→⑫修了面談

<H28年度実績>H28年9月現在

 ◆登録者55名

 ◆インターンシップ実施11名

 ◆受入企業:東レ・三菱電機・パナソニック・マツダ・竹中工務店・リコー・大日本印刷・NTT・ロート製薬

 
<問合せ・詳細については下記まで>
  学務部学生支援課キャリア支援係
 Email: gascareer3@jimu.kyushu-u.ac.jp
 Tel:092-802-5905

 

<インターンシップのパンフレット>

  ・インターンシップ経験者の体験談、H27年度研究型インターンシップ説明会の報告紹介

  ・パンフレットはこちら

    ・報告書事例集はこちら

 

最終更新日:2017年11月21日

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る