NEWS

お知らせ

公開日:2017.08.24

「九州大学ヒアリ研究グループ」が発足!

お知らせ

 2017年5月26日に兵庫県尼崎市に日本で初めてヒアリが侵入しました。その後、次々に侵入事例が報告され、7月21日には福岡市のアイランドシティでもヒアリが発見されました。ヒアリは一度定着すると根絶が非常に難しく、健康被害や経済被害も膨大になります。

 そこで、九州大学の村上貴弘准教授(持続可能な社会のための決断科学センター)を代表者として、細石真吾助教(熱帯農学研究センター)、緒方一夫教授(熱帯農学研究センター)、丸山宗利准教授(総合研究博物館)で「九州大学ヒアリ研究グループ」を立ち上げました。
 このグループの目的は、ヒアリの定着を防ぐために、九州周辺でのヒアリと疑わしいアリの同定支援、ヒアリの生態や行動に関する助言や情報提供を自治体や港湾・空港事業者等に向けて行うことです。

 九州内でこれまで見たことないようなアリを見た、もしくはこれはヒアリではないのか、ヒアリに関する啓蒙活動をお願いしたい、などの要望がありましたら下記メールアドレスまでお問い合わせください。

お問い合わせに対応できる事例

  1. 港湾関係、防疫、保健所、学校等での講習会の開催。
  2. 公的空間でのアリ相調査。

※旅費や謝金等につきましてはご負担をお願いいたします。

対応できない事例(個人的なもの)

  1. 見慣れないアリがいて心配だから調べてほしい。
  2. 自由研究の支援。
  3. ご自宅に住み着いたアリ・シロアリ・ハチの駆除。

研究者からひとこと

 持続可能な社会のための決断科学センター准教授の村上です。ヒアリの水際での発見率向上や基礎的な分類スキル、生態の知見増加などを目指して、九州大学の4名のアリ研究者でこのグループを立ち上げました。一緒にヒアリの定着を防ぎましょう。よろしくお願いします。

お問い合わせ

九州大学ヒアリ研究グループ
Mail:hiari-kenkyu★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る