NEWS

お知らせ

公開日:2012.10.12

生物環境利用推進センター温室の灯油漏れについて

お知らせ

 九州大学箱崎キャンパスの生物環境利用推進センター温室において,ボイラー用燃料(灯油)の流出が確認されました。
 近隣住民の皆さま,ならびに関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしましたことを,深くお詫び申し上げます。

 

発見日時  平成24年10月10日(水)11時ごろ

 

発生場所  福岡市東区箱崎6丁目10-1

            九州大学箱崎キャンパス内の生物環境利用推進センター温室屋外

 

概  要  燃料タンク(地上式)と温室機械室のボイラー設備を接続している地中埋設配管の老朽化によると思われる穴により,灯油が温室付近の土壌に流出しました。

 

状  況  ・灯油流出量は最大1,900リットル程度と想定されます。
      ・流出箇所付近の井戸の水質調査を実施し,異常が無いことを確認しました。
      ・流出箇所及び周辺で3カ所を掘削した結果,地下水表面から油臭,油膜が観察されました。

 

今後の対応 ・現在,流出した油分の抽出を行っており,今週末(10月13日(土)及び10月14日(日))に最大限可能な除去と流出範囲の確認や土質,水質調査も同時に実施いたします。

 

そ の 他   ・ご使用中の井戸の水質などにお気づきの点がございましたら,下記まで連絡いただきますようお願いいたます。

 

 【お問い合わせ】
 施設部施設企画課  廻(メグリ),森吉
 TEL 092-642-2211 FAX 092-642-2207
 E-mail 
sskkeika@jimu.kyushu-u.ac.jp

 

 

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る