NEWS

研究成果

公開日:2017.07.27

東南アジア熱帯雨林の「一斉開花」現象の予測に成功
― ラワン材の安定生産と気候変動への林業の適応策に貢献 ―

研究成果 理学

 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センターと九州大学はマレーシアのマラヤ大学、マレーシア森林研究所、マレーシア工科大、首都大学東京、高知大学、広島大学、森林総合研究所と共同で、東南アジアの熱帯雨林に特徴的に見られる「一斉開花」現象を予測するモデルを開発しました。一斉開花は不定期に発生し予測が困難であったため、天然種子の採種に依存したフタバガキ科樹種(ラワン材)の実生苗木を計画的に生産できませんでした。本研究により、気象条件による開花遺伝子発現の動態が明らかとなり、気温と降水量から一斉開花の地域や時期を予測できるようになります。この成果は、実生苗木の安定生産や木材の安定供給に貢献すると期待されます。また、気候変動に応じた一斉開花の変化を予測することで森林生態系への影響を予測し、気候変動に適応した林業の施業体系の提案にも役立ちます。

 本研究成果は、国際科学専門誌「Molecular Ecology」電子版(日本時間2017年7月27日17時)に掲載されました。

研究に関するお問い合わせ先

理学研究院 准教授 佐竹暁子
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 東南アジア熱帯雨林の「一斉開花」現象の予測に成功 ― ラワン材の安定生産と気候変動への林業の適応策に貢献 ―

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る