NEWS

研究成果

公開日:2017.12.28

“八王子隕石”とされる隕石を初めて詳細に分析

研究成果 理学

 <研究の背景>
今からちょうど200年前の1817年12月29日(旧暦では文化14年11月22日)、現在の八王子市中心部に多数の隕石が落下しました。この「八王子隕石」については当時の日記などの史料に多くの記録が残されており、約10kmの範囲に、長さ1m程度のものを含む多くの破片が落下した隕石(いんせき)雨(う)(隕石シャワーとも言う)だったことが分かっています。落ちた隕石の一部は江戸幕府勘定奉行所に届けられ、天文方(てんもんかた)によって調べられましたが、現在までにそれらはすべて散逸し、失われてしまいました。
1950年代になり、京都の土御門(つちみかど)家(け)の古典籍の中から、約0.1gの隕石小片が発見されました。「隕石之事」と書かれた紙包みの中に、八王子隕石について書かれた紙に挟まれて入っていたことから、八王子隕石の一つであると考えられました。しかし、同じ包みの中に曽根隕石(1866年6月7日、現在の京都府京丹波町に落下した約17kgの隕石。京都府が所蔵し、国立科学博物館に寄託・展示中)について書かれた紙も入っており、曽根隕石の一部である可能性も否定できませんでした。
この小片が八王子隕石かどうかを確かめるにはどうすればよいでしょうか?もし、ほかに八王子隕石があれば、この小片と比較することで確認ができますが、残念なことに八王子隕石と断定できる隕石は今のところありません。そこで、小片と曽根隕石とを詳細に分析し両者に違いが見つかれば、八王子隕石である可能性が高くなります。しかし、これまでの技術では、微量な隕石小片を分析することが困難でした。

 <研究の内容>
研究グループは今回、「はやぶさ」が持ち帰った粒子の分析にも用いられた、最新の技術で分析を行いました。隕石の小片(116.1mg)から、20.0mgを割りとり、研磨薄片を作成し、光学顕微鏡による組織観察および電子線マイクロアナライザによる鉱物組成(かんらん石、輝石、自然ニッケル鉄、酸化鉱物)の分析を行いました。また、別の0.7mgを用いてX線回折装置による分析を、5.4mgを用いて希ガスの分析を行いました。比較のため、曽根隕石に対しても同様の分析を行いました。
組織観察と鉱物組成の検討の結果、分析した隕石小片は「普通コンドライト」と呼ばれる種類で、化学的グループはHで岩石学的タイプは5(以下「H5」と略す)であることがわかりました。これは曽根隕石と同じでした。さらに、かんらん石と輝石の鉱物組成は、曽根隕石のそれと誤差の範囲内で同一でした。X線分析、希ガス組成、宇宙線照射年代においても、分析した小片と曽根隕石の違いはほとんど見つかりませんでした。
これらの結果から、分析した隕石小片は八王子隕石ではなく、曽根隕石である可能性があります。一方で、H5普通コンドライトは全隕石の約18%(57,168個のうちの10,109個)を占めている最も多い種類の隕石であり、八王子隕石と曽根隕石がたまたま同じタイプの隕石であった可能性も十分にあります。

図1:分析した隕石。図中の黒線は5 mm。国立科学博物館所蔵

研究に関するお問い合わせ先

理学研究院 岡崎 隆司 助教

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る