NEWS

研究成果

公開日:2018.06.19

海洋エネルギー発電の資源量を推定する「海洋エネルギーポテンシャルマップ」を公開
―海洋エネルギー発電の実海域試験や事業に寄与―

研究成果 工学

 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)と、国立大学法人九州大学(本部:福岡県福岡市、総長:久保 千春)、国立大学法人鹿児島大学(本部:鹿児島県鹿児島市、学長:前田 芳實)は、このたび、日本の海洋エネルギー発電に資する資源量分布図「海洋エネルギーポテンシャルマップ(地域詳細版)」を開発し、ウェブサイトを通じて一般公開したことをお知らせいたします。

 今回公開したのは、波力発電・潮流発電・海流発電・海洋温度差発電の4種類のポテンシャルマップで、それぞれ海洋エネルギー発電装置を実海域で試験する可能性が高い海域または事業化に向けて有望な海域において、観測とシミュレーションに基づく海洋エネルギー発電の資源量の評価を行い開発しました。なお、本プロジェクトは、2014年度から2017年度にかけて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業「海洋エネルギー技術研究開発/海洋エネルギー発電技術共通基盤研究/性能評価手法及びポテンシャルの調査」として実施したものです。

海洋エネルギーポテンシャルマップ(地域詳細版)
http://me.oce.kagoshima-u.ac.jp/me/index.html


         長崎県五島列島周辺の流速分布

※流速[m/s]は2014年の計算の平均値、海底上30m地点のもの


和歌山県潮岬沖の流速分布

※流速[m/s]は黒潮非大蛇行期(2014年4月~2017年3月)の計算の平均値、水深50m地点のもの

研究に関するお問い合わせ先

応用力学研究所 広瀬 直毅 教授
総合理工学研究院 山口 創一 助教
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 海洋エネルギー発電の資源量を推定する「海洋エネルギーポテンシャルマップ」を公開 ―海洋エネルギー発電の実海域試験や事業に寄与―

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る