NEWS

研究成果

公開日:2018.10.17

放射光を使ってミクロの糸球体を見る-SGLT2阻害薬による糖尿病マウス糸球体1万個への作用を明らかとする-

研究成果 工学

 日本の糖尿病患者は現在1000万人、そのうちの30%が合併症である糖尿病腎症を患います。2016年の最新の報告では、人工透析を始めた方の43.2%が糖尿病で、この年、糖尿病患者1万7000人が人工透析となりました。
 新しい糖尿病治療薬のSGLT2阻害薬は、最近の大規模臨床試験の結果、糖尿病患者における腎症の進行を抑えることがわかりました。腎臓の糸球体は、体の中の老廃物を濾過する重要な働きをしております。ヒトでは一つの腎臓に100万個ありますが、糸球体の大きさは100ミクロン程と小さいため、現在の画像検査では観察は不可能です。生体検査によって組織を採取し、初めて観察が可能となりますが、糸球体10個程度が限界です。糸球体の数と大きさが、糖尿病では、どうなっているのか?それを知ることは、糖尿病の治療と腎症の進行度を予測する上で、大変重要なことです。
 このたび、旭川医科大学内科学講座(病態代謝内科学分野)の滝山由美准教授、九州大学工学研究院 世良俊博准教授らの共同研究の論文がCell 誌 とLancet 誌の共同オープンアクセス誌 EBioMedicine に掲載されました。

SPring-8 BL20B2にて撮影したマイクロCT像と糸球体の3次元解析像

研究者からひとこと

 糖尿病は、血糖が高くなることにより、全身の血管を障害する血管病です。SPring-8の放射光を用いたマイクロCTにより、マウス全身の血管撮影と解析を可能としました。現在、糖尿病と合併の多い脂肪肝、糖尿病患者の死亡原因第1位である癌について、その血管構造の変化、異常血管新生の研究を進めております。今後は、糖尿病とその合併症の病態をミクロ単位で明らかにすることにより、ヒトでの糖尿病の病態の理解を進め、新しい治療法と診断法の開発を目指します。

研究に関するお問い合わせ先

工学研究院 准教授 世良 俊博
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 放射光を使ってミクロの糸球体を見る-SGLT2阻害薬による糖尿病マウス糸球体1万個への作用を明らかとする-

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る