NEWS

研究成果

公開日:2019.02.01

青山学院大学と静岡大学がレアアースの直線偏光発光の仕組みを
膜型ソフトクリスタルにより解明

研究成果 工学

 青山学院大学長谷川美貴教授(兼青山学院大学未来材料化学デザイン研究所所長)、静岡大学山中正道准教授、JST石井あゆみ さきがけ研究員、高輝度光科学研究センター(JASRI)河口彰吾研究員、九州大学先導物質化学研究所五島健太助教、システム・インスツルメンツ株式会社高橋浩三博士は、高い規則性を有する1分子厚のソフトクリスタルを湿式法で積層していく方法を用い、レアアースの直線偏光発光性が有機分子層の光励起による遷移モーメントにより促されることを発見しました。この成果は、英国王立化学会ならびに仏国化学会が発行する「New Journal of Chemistry」に2018年12月18日から掲載されています。

図1:新しく開発した有機配位子NaphC15と膜精製プロセスを経たEu-NaphC15分子膜の偏光発光発現

図2:(a)Eu-NaphC15分子膜の偏光発光と発光の様子。(b)放射光XRDによる回析ピークの比較。(c)膜形成時の表面圧の違いによるX線回析の全反射測定;表面圧は左が30mN/m,右が40mN/m

研究に関するお問い合わせ先

五島 健太  先導物質化学研究所 助教
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • 青山学院大学と静岡大学がレアアースの直線偏光発光の仕組みを 膜型ソフトクリスタルにより解明

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る