NEWS

研究成果

公開日:2019.08.09

SPring-8の強力なナノビームにより極微量な抗癌剤の腫瘍内分布を可視化
-Oxaliplatin投与後のヒト直腸癌組織における白金分布と治療効果の関連に迫る-

研究成果 医歯薬学 工学

 九州大学大学院医学研究院の中村雅史教授、藤田逸人助教、木庭遼大学院生、大学院総合理工学研究院物質科学部門の西堀麻衣子准教授、高輝度光科学研究センター分光・イメージング推進室の新田清文研究員らの研究グループは、徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域の石田竜弘教授と共同で、SPring-8 の強力なX線を臨床医学に応用し、世界で初めて抗癌剤(Oxaliplatin)投与後のヒト大腸癌組織内における白金分布を蛍光X線マッピングにより可視化しました(図1,2)。これにより、臨床医主導の下、組織内の極微量元素の集積・分布と化学療法の治療効果や臨床病理学的因子との直接的な関連性を明らかにしました。
 この結果は、これまで実現されていない白金製剤の治療効果予測や治療抵抗性の機序の解明につながる可能性を示唆しており、大腸癌における化学療法の予後が改善することが期待されます。
 本研究成果は、2019年7月25日(木)に国際学術誌『International Journal of Cancer』で公開されました。

図1 SPring-8 BL37XUにおける実験概略図

図2 (a)直腸癌の代表的病理組織像 (b)同部位における蛍光X線分析像

研究に関するお問い合わせ先

総合理工学研究院 准教授 西堀 麻衣子
医学研究院 教授 中村 雅史
医学研究院 助教 藤田 逸人
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • SPring-8の強力なナノビームにより極微量な抗癌剤の腫瘍内分布を可視化 -Oxaliplatin投与後のヒト直腸癌組織における白金分布と治療効果の関連に迫る-

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る