NEWS

研究成果

公開日:2019.09.06

ミトコンドリア機能を司るプロヒビチン複合体構造の一端を解明
~ミトコンドリア異常に伴う疾患や病態の創薬応用に期待~

研究成果 理学

 私たちの体(細胞)の中には、ミトコンドリアとよばれるエネルギーを創り出すために重要な働きをしている場所(細胞小器官)が存在しています。ミトコンドリアの機能は、特に私たちの健康と密接に関係しており、その働きが低下することで神経変性疾患、糖尿病、さらにはがんなど様々な疾患や病態と関係することが分かっています。福岡大学理学部化学科(元九州大学理学研究院)の小柴 琢己教授らの研究グループは、ミトコンドリアの機能を司るプロヒビチン複合体の立体構造の一端を世界で初めて解明し、同複合体によるミトコンドリア機能の調節の分子レベルでの仕組みを明らかにしました。プロヒビチン複合体は、ミトコンドリア疾患に関与する複数のタンパク質とも結合することが本研究で確認されており、今回の研究成果は今後の疾患や病態の創薬開発への応用を進めていく上での手助けになることが期待されます。
 本研究成果は、九州大学大学院理学研究院、国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構量子生命科学領域、及び徳島大学 先端酵素学研究所との共同研究によるものであり、2019年9月5日(木)に米国・Cell Pressの学術誌『iScience』オンライン版に公開されました。

研究に関するお問い合わせ先

久下 理 理学研究院 教授
  • トップページ
  • NEWS
  • 研究成果
  • ミトコンドリア機能を司るプロヒビチン複合体構造の一端を解明 ~ミトコンドリア異常に伴う疾患や病態の創薬応用に期待~

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る